公務員受験に使用した問題集

私は文系出身であり、大学受験科目は、英・数・国・日本史・化学。
法律や経済系の学部ではなかったので、公務員受験に当たって、初めて学ぶ科目が多くて苦労した。

公務員試験はとにかく科目が多い。
自治体によって科目の出題配分が違うので、勉強をする前に「受験ジャーナル」等の公務員受験情報誌を使って、或いは受験する自治体に問い合わせる等して、受験に必要な科目とその配分を確認する必要がある。

そして、受験までに勉強時間を充分にとれない場合には、捨て科目を作ることも必要だと思う。全部にしっかり時間をかけることができれば良いのだろうが、働きながらではなかなか難しい。

勉強方法は、基本書から入るという手もあるが、私はみっちり勉強する時間がなかったので、とにかく問題演習をすることにした。

以下は使用した問題集である。何度も何度も繰り返したものも、逆に途中で挫折したものもある。載せてる以外に、買ったのに使用していないものもある(汗)。

※「スー過去」=「スーパー過去問ゼミ」、「ウ問」=「ウォーク問」の略。

 

<教養科目>

1 知能分野・・・判断推理・数的推理・文章理解・資料解釈
※捨て科目なし

●数的推理 光速の解法テクニック 実務教育出版
・・・3周。勉強を始めた初期にやった。分かりやすかった。
●判断推理 必殺の解答パターン 実務教育出版
・・・2周。
●ウォーク問 数的処理 LEC
・・・判断・数的推理・資料解釈が1冊になっている。7~8周。
しつこくやっているうちに、判断・数的推理は模試・本番の得点源になった。
私には合っていたみたい。
ただ、解説はスー過去の方が詳しいので、そちらを先にやればよかったと思った。
(ちなみにスー過去は、ウ問の後で買ってみたけどやらなかった(汗))
●ウォーク問 文章理解 LEC
・・・文章理解。3分の2ぐらい。暇なときに読もうと思っていたのに、ついつい後回しに…。

2 知識分野1【人文科学】・・・日本史・世界史・地理・思想・文学・芸術
※捨て科目・・・世界史・地理・思想・文学・芸術
(つまり日本史しかやってない!思想・文学は少しだけやった。)

●光速マスター 人文科学 実務教育出版
・・・暗記に使用。日本史のみ何周も。赤いシートで覚える箇所を隠せるので便利。
●ウォーク問 人文科学1〔日本史・世界史〕 LEC
・・・日本史のみ5周。上の「光速マスター」はスー過去に対応してるのに、ウ問を選んでしまった。でも、ウ問のページ構成(表に問題・裏に解答&解説)が好きなのだ♪
●スーパー過去問ゼミ 人文科学〔日本史・世界史・思想・地理・文学・芸術〕実務教育出版
・・・日本史を3周。その他は日本の思想と平安文学のみ、試験直前期に各3周。
じたばたしてみた。

3 知識分野2【社会科学】・・・政治・経済・社会
※捨て科目なし

●光速マスター 社会科学 実務教育出版
・・・暗記に使用。2~3周。赤いシートで覚える箇所を隠せるので便利。
コンパクトにまとまっているため、試験会場にも持参。
●20日間で学ぶ政治・経済の基礎 実務教育出版
・・・政治は3周。経済は1周。
最初、経済が全く分からなかったが、専門科目の経済分野を勉強すると分かるようになった。その後は、教養の経済が簡単に解けるようになった。
●20日間で学ぶ 社会・地理の基礎[思想] 実務教育出版
・・・社会のみ1周。社会は時事対策に力を入れたほうがよいと思い、あまりやっていない。
●ウォーク問 社会科学 LEC
・・・政治は5周。経済は3周。社会は1周。

4 知識分野3【自然科学】・・・物理・化学・生物・地学・数学
※私の捨て科目・・・物理・数学(中学・高校の知識で解けるものもある!)

●光速マスター自然科学 実務教育出版
・・・暗記に使用。何周も。赤いシートで覚える箇所を隠せるので便利。
生物・地学は初学だったが、ここから始めた。
●20日間で学ぶ 物理・化学の基礎[数学]実務教育出版
・・・化学のみ3周。
大学受験でやったはずなのに、綺麗に忘れておりました。
●20日間で学ぶ 生物・地学の基礎 実務教育出版
・・・生物・地学とも5周。
生物と地学は、初学でも是非やるべきだと思う。基礎を押さえていれば解ける問題多し。
●ウォーク問 自然科学1〔数学・物理・化学〕LEC
・・・化学のみ6周。
●ウォーク問 自然科学2〔生物・地学〕LEC
・・・生物・地学とも6周。

5 知識分野【全般】

●受験ジャーナル 誌上模試 実務教育出版
・・・2003年度受験前に、教養6ヶ月分を各3回繰り返した。
●市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 実務教育出版
・・・2003年度の受験前に教養のみ4周。
●速攻の時事 実務教育出版
・・・2004年度受験時に購入。
各テーマごとにコンパクトにまとめてあって読みやすい。

<専門科目>

私は、専門科目がある自治体はひとつしか受験しなかったので、はっきり言って充分に対策していない。経済の比重が高かったので、経済を中心に。

●新スーパー過去問ゼミ ミクロ経済学 実務教育出版
・・・5周。最高に分かりやすかった!経済は全くの初めてだったけども解説が良いのか、抵抗なく勉強を進めることができた。
●新スーパー過去問ゼミ マクロ経済学 実務教育出版
・・・4周。ミクロと同じく、繰り返しているうちに分かるようになった。
経済の問題は絶対に落とさないつもりで本番に挑んだ。(なんせ他の科目が…)
●スーパー過去問ゼミ 憲法 実務教育出版
・・・3周。解説が詳しいのでとっかかりやすかった。
●行政5科目 まるごとパスワード 実務教育出版
・・・行政学のみ2周。
まるパスで基本を覚える→まるインで確認→ウ問で問題演習の順にやった。
他の行政科目もこの順でやるつもりが後回しにして間に合わなかった…。
●行政5科目 まるごとインストール 実務教育出版
・・・行政学のみ2周。
●ウォーク問 行政学 LEC
・・・2周。やっぱりウ問のページ構成、好きだなぁ。
●パスライン 行政法 時事通信社
・・・2周。突然、行政法だけパスライン。何故なら頂き物たから♪
サイズが大きいので余白に書き込んだりメモを貼ったりして活用した。
●ウォーク問 行政法 LEC
・・・2周。パスラインをやった後で問題演習。
●スーパー過去問ゼミ 民法1 実務教育出版
・・・3分の1程で挫折・・・。
それだけでもやったところはやっぱり解けるので、問題演習って大切だなーと思った。

<論文・面接>

●面接の達人 バイブル版 ダイヤモンド社
・・・とりあえず読んでおきたいと思って。
●論文試験 頻出テーマのまとめ方 実務教育出版
・・・各テーマごとに論点等がまとめてあり、読みやすかった。
●官庁訪問ハンドブック 実務教育出版
・・・大学法人等の機関訪問の前に読んだ。
●受験ジャーナル 実務教育出版
・・・ずっと購読していた。
●必ず合格適性検査・面接・論作文 成美堂出版
・・・適性検査の実例が載っており役立った。論作文はイマイチ。
●成功する!公務員試験の面接採用試験 成美堂出版
・・・近所の本屋に行くと公務員面接本がこれしかなかった。
面接当日、同じ本を持っている人を2人も見かけて、笑えた。
(笑ってる場合じゃなかったけど。)

私が住んでいるところは大きな本屋がないので、本の購入は専らAmazon.co.jpにて。

・ 中古本の値段が併記されているところ(どうせ買うなら安く買いたい!)
・ 購入者のレビューで、正直な感想が読めるところ

この2点が気に入っている。

気になる本があれば検索してみて下さい↓