公務員受験対策模試の記録

実戦形式で時間配分などを学ぶ為に、模試は有効である。
私は、一年目の勉強時はほとんど受けなかったのだが、2004年の冬から何度か受験した。(見直すとハーフ模試ばかりだが。)

私の場合、田舎に住んでおり、受けに行くにも交通費・時間がかなりかかるので、全て自宅受験。可能ならば、会場受験の方が本番の緊張感を味わうことができるので良いと思う。

以下、結果一覧。


<受験した模試 結果一覧>

koumuinmoshi
※クリックで拡大

私は、テスト運だけは良いと思っているので、択一テストでは適当に選んだ答えが結構当たる方である。(そんな勘に頼っちゃいかんのである!)

教養科目の勉強は前年から行っていたので「実力で点数を取った!」と言い張るぞ。でも模試受け初めの頃の専門科目は、まだ学習していない科目だらけだったので、ほぼ勘。だから、最初の方のA判定は当てになりません。

不合格者に言われても、という気もするだろうが模試を有効活用する為には、

・とにかく回数受け、時間配分を学ぶこと。
・あくまで練習なのだから、点数や判定は気にしすぎない。
いい意味でも悪い意味でも・・・。浮かれたり落ち込んだりしない!
・同じ問題は二度と取りこぼさないよう、復習はきっちりやること。
私の場合、ひとつの模試につき3回は解きなおした。

予備校によって出題傾向等が違うらしいので、いろいろな予備校の模試を受験するほうが良いそうだ。

スポンサーリンク