健康保険

私は、ホルモンのバランスが悪く、婦人科にかかる機会が多いので、退職後も健康保険証は必須だ。そうでなくても、いつ何時病院に行くようなことがあるかは分からないので、一日も早く健康保険の手続きはしたかった。

退職後、数日経って、社長に電話してみると、手続きを忘れられているかと思いきや、きっちり済ませてあったので安心した。しつこく言っておいた甲斐があった♪ありがとう社長よ。(えらそうだな、私。)

退職後、次の仕事がまだ決まっていない場合は、国民健康保険に入るか、もしくは在職中に加入していた保険を任意継続するかを選択することになる。

以前はサラリーマンの診療費は2割負担、国民健康保険は3割負担だったので、任意継続すると2割負担のまま診療を受けることが出来てお得♪だったのだが、 2003年4月より、どちらにしても3割負担になっているので、診療費上の差はない。

保険料は、任意継続の場合、在職中の2倍(在職中は会社が半額負担していたため)であり、国民健康保険の保険料は住民税額(要するに前年度の収入額)に応じて計算される。

これがどちらが得なのかは人によって異なるが、勤務年数が長い場合(収入が多かった場合)は国民健康保険の保険料が高くなってしまうので、任意継続の方が お得になることが多いそうだ。役所か社会保険事務所で計算してもらうのが確実。

私の場合、
・前年度の収入も少ないし、国保も任意継続も保険料はそう変わらないだろう。
・任意継続の手続きをする社会保険事務所が東京にあり、我が家から遠い!

要するに面倒という単純な理由により、国民健康保険に入ることにした。
(いくら面倒でも、任意継続の方が安くなるのであれば手続きするけど・・・)

国民健康保険の加入に必要な手続き
「国民健康保険資格取得届」(←用紙は役所にある)の提出

どこに?  居住地の市役所・町村役場
いつまでに?  退職日の翌日から14日以内
持参するもの  印鑑・健保の離脱証明書(離職票でOKでした)

役場へ行き、言われるがままに書類に記入し、10分程度で手続き終了。
新しい保険証を頂いた。わーい。なんだか嬉しい。これで心置きなく医者にかかれる。あんまり積極的にかかりたくないが。

後日、保険料の納付通知書が届くそうな。あ、結局保険料がいくらなのか聞くの忘れた・・・。通知書が届くまでどきどきしてます。

追記:通知書届きました。(7月)
今年度(2005/4~2006/3)の支払額は合計157,800円
1か月分にすると13,150円
任意継続にした場合、在職中の2倍で16,400円。
よって、国民健康保険に入って正解でした!パチパチパチ。

尚、こちらに記載した情報は2005年4月時点の私の退職時のものです。
今後手続きが変更になることもあるかと思われますので、手続き前に必ず皆さんご自身でのご確認をよろしくお願い致します。

・All about 関連記事→ 健康保険の手続きケース別ガイド

スポンサーリンク