公務員受験日記2003年9月

2003年09月01日(月) 白い旗はあきらめた時にだけかざすの
頭の中を勝手に音楽がぐるぐる周る方ですが

町のとき…研ナオコと林家ペーの「かあさんお肩がこってるの、プチプチプチプチ
プチシルマー♪」のCMソング…。

第一志望の市…宇多田ヒカルのCOLORS(今日の日記の題の部分)。これはやる気出た。

一次から面接があった市…「さかい~ そうかい 安いのかい」のCMソング。

意図的にではなく、突然周りだす。面接の時は何が流れるかな。

ここのところの食生活。

29日夜…朝、ハムトースト。昼、メロンパン。
夜、晩御飯を作る気力もなく寝る。かろうじて布団で。
30日…朝、スパゲティ・バファリン・エスカップ。昼、暇なし。
夜、晩御飯を作る気力もなく、帰ってそのまま床で寝てしまう。
31日…朝、豪華うなぎとカニ(なんで?)。昼、メロンパン。
夜、鶏肉のワイン煮・きんぴらごぼうなど。

食生活がぼろぼろ。怒涛の3週間もあと1週間だけども、さすがに疲れが溜まってきた。
それに加えてなぜか仕事が多忙。いつも暇なのに、何故今?

昨日の朝は、ゴキブリと蜘蛛が家で大量発生する夢を見たり、
市を帰国子女枠(そんなものは実際にはないし、私は帰国子女でもない)で
合格し、英語が駄目なので辞退(もったいない!)する夢をみたり、
でこぼこ山道を来るまでエンストしながら行き、山の中の食堂でホールケーキを
一人で食べる為注文する夢を見たり、、、とにかく眠りが浅かった。

そうこう言ってる暇はなく、もう明日じゃないですか。
今朝は午前4時半起床。
「この時間に起きる」と強く思えば目覚ましがなる前に目が覚めるから不思議。

明日休む手配はなんとかできた。強引な理由を作って。

今日とりあえず頑張ろう。(対策)
会社行く前と会社でも。
今日は始業式なので(授業なし)職員が少ないはず。。

あーあ、面接が筆談だといいのに。
有り得ないけど。

寝不足だといつも以上に老けて見える気がする。
頭の回転もいつも以上に遅くなる。
今晩は早めに寝たいところだ。

———————————————-

会社より帰宅。
もうだめだ。眠すぎる。とりあえず寝るか。
また晩御飯食べないことになるけど、食欲より睡眠欲。。

今日届いた最新の広報見てたら、町(明日受ける)のHPにあまりにも
情報が載っていないと指摘されていた。
私も、本当にごちゃごちゃしてて分かりにくいHPだと思っていた。

指摘に対する答えとして「HP作成ソフトを扱える職員が少なく…」と書いてあった。
(のどかな広報でしょ。)
HPビルダーか。いかにもそんな感じのHP。

明日、使える事をアピールしてみる?
もしそれがアピールに繋がるならば「出来る」と言い張って、後日、
家でひそかにマスターするぜよ。

・・・・私がそう思うぐらいだから、同じ事考えてる人、絶対いるよな。

趣味:パソコン。ホームページ作成。

とか。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2003年09月02日(火) 2/15
7.5倍。

だめぽ…

いや、問題は倍率よりも自分。

今日はあまりの自分の情けなさに泣けて泣けてしょうがなかった。

面接終わって、階段降りるときから足はガクガクだし、涙はでるし。
(誰もいないのを見計らったけども。)

用事を済ます為、銀行へそのまま行き、スーパーでやけ食い用アイス
(2個にとどめたが)購入し、「ドライアイスつけてください」と泣き顔で
懇願し、郵便局へ行くとATM故障中で窓口でズルズルすすりながら貯金し、
すっかりおかしな女だった。

車の中では涙を拭き拭き独り言。
「○○(自分)のあほーーー、ぼけーー」と。
やばい。

練りに練った自己PRもろくに言えないなんて、情けない。
詰まる詰まる。

自分が面接官だったらこんな高齢挙動不審女、絶対にとらない。

何よりも大きな問題。どうも根本的に間違ってる。

志望動機が。

学歴。職歴。全部筋道を通したのが仇になった。
やりたいことをはっきりアピールしすぎた。

「そんな事業はここではやってない」

もちろんそうでなくても私、何でもやりまっせ。
今でもトイレ掃除から、受付、経理、何でもやってまっせ。

それをうまいこと伝えられなかった。

なーさーけーなーーーーい。

そして想定はしていたが一番向こうが気になり、私が答えたくない質問。

「何故ここに引っ越してきたの?」

それをどう言い訳するか。

これを解決しない限り、(どこの試験も)合格はない。

今日は一生に一度のチャンス(この自治体は年齢ラスト)を逃した脱力感でいっぱいだった。

さて13日にまたくる、別のチャンス。
モノにしたいけど、このネガ具合じゃ無理。

小耳に挟んだ聞き耳情報によると第一志望の市は隣の市と同じく、面接が3度あるらしい。

人物を充分吟味するってことか。

あー2週間でなんとかしたい。
気分ももう一度盛り上げたい。

根性で合格したい。

今朝は、盛り上げる音楽と思ってピンと思い浮かんだのがユーミンの「LOVE WARS」だった。
恋の闘いじゃないのだけども、自分にとってはある意味そうかも。

Game overにはさせない、か。

反して、帰り道の車で一番に耳に飛び込んできたのは
GO!GO!7188の「うましかもの」
(行きから聴いてた自分のせい)

あぁ能無しが
思い知って 奈落のどん底
それでは お後がよろしいようで

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2003年09月05日(金) 冷静に
思い出してみよう。

午前中面接カード(自己紹介カード)を書いた。
30分とのことだったけども、まだ書き終えていない人がいるということで
45分に延長。

そのときに「面接は一人5分程度」と言われる。

へ?5分?
ということはつっこんだことはほとんど聞かれないってことか。
まさに筆談面接みたいなもの?
この自己紹介カードも結構重視されんのかな。

内容は
・氏名・大学
・何故その専攻?
・スポーツ3つ。やる・みるどちら?
・バイト歴・期間
・娯楽
・人と話すのが好きか苦手か。
・デスクワークか外に出る仕事かどちら希望?
・使えるパソコンソフト
・役所のイメージを簡潔に
・自分が生活のなかで最も大切にしていること
・自己PR

そこからえらく長い昼休み。2時間ほど。眠くてぼけーっと
自己分析ノートを見ていた。

知り合いを発見したらしく、ぺらぺらよく話す女性がいたので聞き耳。
(たてようとしなくても、静かな部屋で一人話しているので聞こえる)
前にも書いたが第一志望の市が面接3回あるとの情報を得る。

午後、それぞれの面接までの間控え室で、担当者(50代?)と他の受験者と待つ。
この担当者は沈黙に耐えられない人なのか?
一人でずっと話している。もちろんほとんどの人が前見て聞いてたけど。

雨漏りの話。(役所は雨漏りがひどいらしい。4階なのに床上浸水云々。)
カメムシの話。(はぁ~っと手を温めて捕まえるとくさくない?)
今年から年齢制限が上がった。(だから私も受けられたんだな。)
最近の若い職員は隣の市にすんでる人が多い。(住居規定はない。)
去年二次に残っていた人もこの中にいる。(ちゃんと分かるのね。)

その他もろもろ。
なかなか面白かった。緊張がほぐれた。
ほぐれすぎてさらに眠くなった。

他の受験者が、新聞や本を開くと
「僕、喋らないほうがいいですか?」

結局私の番まで一時間程話し続けていた。
その後もきっと話し続けていたことだろう。
話好きの人はいいなぁ。話題が次々沸いて来るんだろうな。

さて、緊張がほぐれたといえど、直前になると心拍数がいっきにあがった。
そして私の番。

疲れたのでまた今度書こう。

今日から2学期の授業開始。仕事が昼から夜までになる。
仕事前にコンタクトを買いに行くか、迷い中。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2003年09月07日(日) 休みだ!愚痴だ!
コンタクトを買ったら、すんごく見えやすくなって気分まですっきり。

5分の面接は、書くのが面倒になってしまったけども聞かれた事だけ羅列。
面接官がちっともアイコンタクトしてくれないので、逆に緊張した。

・住所を言って下さい。(一瞬怯んでしまった。)
・志望動機をどうぞ。(詰まる詰まる・・・・)
・自己PRをどうぞ。(これまた詰まる)
・実家には帰らないのですか?(はい。きっぱり。)
・両親も兄弟もいるのに?(しどろもどろで訳を話すと一応納得。)
・教員採用試験は受けていないの?(はい。きっぱり。)
・司書教諭の資格持ってるんだったら教員なら需要も多いだろうに。
(この辺でやたらニコニコしすぎたかも。)
・教員になる気は全くないの?
(志望動機を話して教員が嫌な訳ではないけどももっとやりたい仕事がある事をアピール。)
・そんな仕事ない。(がびーん。)
・もし希望の職につけなかったら?(何でも積極的に云々。)

気づいた事に町長に何も聞かれなかった!!!がびーん。
そして終わってゆきました。

なんとなく他の人よりも短かった気がする。
あぅ。

なんだか先週はほうけてしまったけども、今週末の面接に向けてまた頑張らねば。

さて、面接の為にズル休みした日を除くと17日ぶりの休み。
この連続勤務ぶりどうなのさ。
勤務先は制度として休みがきちんとしていないので、とても休みにくい。
言えば休ませてくれるんだけど、他の先生はもっと大変だったりするので
自分だけ休みたいとは言い出せない。

そもそも他の人は教師で私は事務で、その時点で仕事が楽なんだから引け目を感じる。
給料もその分ぐんと低いわけだから堂々としてりゃいいのに。

そして昨日は連絡不行き届きでブルーになる。
自分が悪いんだけど。
教訓:社長の言うことは信じないで自分で全て連絡をとる。

はぁ~。明日フォローするのが気が重い。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2003年09月08日(月) 性格診断対策
今度の試験、性格診断もあるので念のため。

エゴグラムをそのまま素でやるとこうなる。

http://www.egogram-f.jp/seikaku/kekka/babba.htm

とにかく主体性がない。

これはまずいかな?という質問の答えを、修正したつもりでやるとこうなる。

http://www.egogram-f.jp/seikaku/kekka/baabb.htm

これでまあいいか。

勝ちたいときにはエスカップ~♪
でも、飲みすぎ?

というか、ネットで現実逃避しすぎ。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2003年09月12日(金)  不合格通知いろいろ
今週は第一志望面接前で心が落ち着かない上に、仕事上でトラブル発生、
しかも不合格通知2通きてかなり凹んだ。

不合格通知は8月に豪雨の中受けに行った面接のあった市の一次試験結果と
9/2に(((( ;゚Д゚)))←こんなんで受けた町の二次試験の結果。

覚悟はしていたので、泣きもせず喚きもせずだけども、やはりテンション下がった。

町:「誠に残念ですが、募集枠2名のため合格となりませんでした」

3、4名だったら受かったのかい?
不合格者に対する配慮か。

雨の日の市:「残念ながら、 不 合 格 と決定しましたので…」

なんか、この不と合と格の間の隙間が嫌味ったらしい。(被害妄想)
そんなに強調しなくても。

第一志望の二次試験の夢をみた。
作文があるのだけども、課題が「蝶と蛾の違いについて数学的に述べよ」。

ええぇ、数学的って…。卵が完全球体(実際には知らない)とかか??
蛾の哀しさについて勝手に想像して書くわけにもいかないし。。

全然書けずに時間が過ぎて焦る夢。

目が覚めて「ありえんな」と思い、少し笑えた。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2003年09月13日(土) I’m not still over
この日は朝から新聞とチーズケーキを買いに行った。

新聞は普段会社で読むが家ではとっていないので面接日のお約束。
チーズケーキは、昔から試験日の朝に食べる事になってたことを思い出したので。
高校受験の日から始まった私のジンクスだ。
「試験日は好きな物を食べるが宜し」
確か、大学入試も教員採用試験の時もそうした。

車で流す曲は前(9/2)みたいにGO!GO!聞いて「奈落のどん底♪」とか
聞こえてこないように
矢井田瞳の「Not Still Over」をかけ

I’m not still over~♪I’m not still over♪

終わらへんで~終わらへんで~と自己暗示をかけといた。
まあ、これに落ちても、死ぬまで私は終わらないし。
当たって砕けろ気分。

家に帰って、出発まで時間がほとんどなかったけども、新聞を開き記事をチェック。
自分的に一番気になったのは
「痴漢で捕まった男が、駅員に連行される際にホームに飛びおり死亡」
だけど、こんなの面接で言えませんがな。

他の無難な記事を探しといた。

新聞の下の欄に、週刊誌の見出しを載せた広告があり、暫しそれに注目してしまう。
しまった、時間ないのに。
これを読むために新聞買ったわけじゃないのに。

さて会場に行くと一番乗りだった。座席表で人数を数えると同じ区分の
受験者は22名か。

さて試験内容は
・事務適性検査・・・練習したものと同じ形式のタイプ。
でも慣れる程は練習していなかったので形式が分かってただけ。

・性格診断検査・・・YGの質問多い版みたいなの。
「卑猥な事を考えた事がある。はい/いいえ/どちらでもない」
という質問があり、なんとなくうけた。

・作文・・・「市町村合併について」
またでましたか。2/10の町と同じで、この前の教訓を活かし
自分の意見をしっかり書くつもりで臨んだ。時間が足りずしりつぼみ。
なんとか終わらせた。

・面接・・・5分×3回。市長やら助役やら教育長やらの部屋を廻る。
1回当たりの時間が短いので深いところまでは聞かれないのは幸い。
(((( ;゚Д゚)))←こんなのにはならなかった。

午前中に終了し、午後は仕事なので急いで帰った。
でも急いでいたからではなく、気分的に走りたくなったので
市役所をでて、スーツ姿で全速力走る。(すぐに疲れて止めたが。)

とにかく走りたい気分。
居ても立ってもいられない気分?
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2003年09月14日(日) 2003年度受験終了
結果はどうであれ終了。
明日から2004年度の部の準備をしますか。

年齢的にラスト(正確に言えば第一志望の市は31まで受けられる)なので、
予備校にも通うかも。

そして今年度末には今の職を退職するつもり。
背水の陣だ。

それで無理なら他の職を探す。

ああ、昨日までのことは忘れて気持ちを切り替えよう。

でも今日は休息日。

思う存分やってやる!ということが「ネット」というのはどうなのよ。
今日を含め3日分日記を書いた。
掃除や片付けも溜まっている。

午前中ですっきりさせたら、午後はお菓子大会でもやろうか。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2003年09月17日(水) 幸せのピノ
アイスのピノをあけたら幸せのピノが入っていた。
普通のは丸いのに、ハート型だった。

しかもしかも一箱に2つも!!
興奮してしまった。
これはいい事があるに違いない。
朝からいい気分だった。

会社に行って、ビルの前の道路脇の何も植わっていない花壇がゴミだらけ
になっているのを見るに見かねて片付けた。

前から気になってたのだけども私の職場は3Fなので、一度上に上がってし
まうと降りるのも面倒で、放置していた。

それが悪かった。

ゴミ拾いやトイレ掃除は汚くても平気という妙な自信があったんだけども
今日のゴミは缶の中で珈琲がドロドロになってたり生ゴミが腐ってたり最悪。
(読んで想像して気持ち悪くなった人いたらごめんなさい。)

缶の中にたばこの吸殻捨てるの止めて欲しい。
お酒の入ったままの缶を捨てないで欲しい。
なんでお弁当のカスをこんなところに捨てるんだよ。
そもそも、ここゴミ箱じゃないんやし大人(多分)が、いい加減にしろよ。

ムカムカしてきた。

一気に吐き気を催し、それでも片付けたけども朝から気持ち悪かった胃が
さらに酷くなり耐えられなかった。
早めに帰宅した。

胃が変なのは、それだけが原因ではないようだ。

食べている瞬間だけ胃が痛くないのでとりあえず何かを食べてしまう。
(過食というわけではないが。)それがまた胃を荒れさせている気がする。

とりあえずキャベジンキャベジン。。

夜中に足の神経痛と胃の気持ち悪さで目が覚めた。

それにしても日々落ち着かない。
結果が出る前に来年へのスタートを切ろうと思っていたのだが全然だ。

多分9月以内には分かるだろう。

ああ、どうかどうか。

——————————————-
ここから公務員試験とは別の話。

「どうせ私なんて」と言うのが嫌いだから絶対に言わないようにしている。

けどもどうやら、そういう考えが心の中を支配しているらしい。
期待しないようにしないようにしてるのが裏目にでてる?

期待すると外れたときのショックが大きすぎる。
必要以上に落ち込んでネガティブになりたくないのだ。

最初から諦めていれば傷つくことは少ない。

でも実は諦めの必要なんてないんじゃないのか?
「所詮、所詮」と考えているうちに、嬉しいはずの事も冷めた目でみて
しまうようになっている。

(一部修正)
————————————————

時間が経過。

目が覚めてくると考え方も変わってくるから不思議。
さっきの絶望感は何だったのだろう。

足の神経痛も治まったのでもう一眠りするか。

幸せのピノが幸せを運んで来ますように。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2003年09月20日(土) 手ごたえとこれからのこと
落ち着かない日々が続いている。

面接の手ごたえは、自分では五分五分。
最悪ではなかったと思っている。
でも、他の人より抜きん出て素晴らしくもない。

だから心のどこかで期待しては否定して、の繰り返しだ。

発表まで落ち着いて次の準備にとりかかれないとしても、ただのんびりしてる
だけでは、駄目だった時にスタートがかなり遅れてしまう。

せめて、初学となる専門科目の問題集やテキストに目星をつけておいて
予備校についても調べて、これからの下準備ぐらいしておこうか。

明日は日曜なのに仕事。

代休、と言い出せない自分がバカバカしい。

というかあほだ。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2003年09月24日(水) 試験と関係ない事
この前、落ち込んだのが17日。
1週間後同じ事で凹んでいる私がいる。

もう27歳だよ。
まだ27歳だよ。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2003年09月26日(金) 発表は9月下旬
今日は26日。ということはもうしっかり下旬だよな。
いつなのさ、いつなのさ。

「1年間」という期間は過ぎてみればあっという間だが、この先の「一年間」を
思うと気が遠くなる。

もう一度勉強しなおすとしたら時間はあるに越した事はないけど。

発表の後、パチッと勉強する頭に切り替えることができるのか?

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2003年09月27日(土) 駄目でした
10時過ぎ、仕事から帰宅したら通知が届いていた。
祈りながら見てみたけど駄目でした。

思う存分号泣したかったけども、10時間後にはまた仕事なので
ぐずぐず泣く。

日記の文面で分かる通り、期待しておりました。

またそのうち時間があれば、面接で聞かれた事をアップしておこうと思うが
面接は和やかに進み、他自治体の受験状況(不合格)を素直に答えた時に、
市長に「あなたを落とすなんて信じられない。」と言われ「もしかしてとってくれる?」と
調子に乗っておりました。

まあ、変わらない事実として、一次の点・面接・適性・作文の合計で私は別の
受験生に負けたということ。

高年齢でも、他県出身でも、それ以上の魅力(採りたい要素)があれば受かっただろう。
私にはそれがなかったということ。

二次で落ちると(それも二つも)、人間性を否定されたような気持ちになるとよく聞く。
本当にそう。

次、1年間勉強を頑張れたとしても、また二次で駄目なんじゃない?という不安がよぎる。

でもなんにせよ事実は変わらないんだ。

年齢も減らせない。出身学部も就いてきた仕事も変えられない。
関西から一人でこっちにきたことも、変えられない。

だったら合格を信じてやるしかないんだろうな。

駄目ならだめでそこからまた道がひらけるか。
死なない限り生きられるだろう。

「人が後悔するのはしなかったことに対してだけだ」とどこかで読んだ。
「あの時挑戦すれば」と後の人生で後悔しないように、もう1年やってみますか。

ああ、とりあえず母上に報告するのが辛い。
(これ、自宅の人だったらもっと辛いんだろうな。)

今年度で仕事辞めるか、どう辞めるか。予備校はどうするかとか考えつつ仕事行ってきます。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2003年09月29日(月) やけアイス
休みに泣くなり寝逃げなりしたかったが、こんなときに限って日曜まで出勤。
来週も土日あるし、いつ休みやねーん。くそぅ。

私は泣くと次の日に目がひどく腫れる。
この前いつだったか夜中に泣いて、次の日会社に行くと、高校生の男の子に
「今日、目痛い?」と聞かれて驚いた。顔が違うのバレバレか。

というわけで、もし休みがあらば前日から気合入れて泣くのに…とかなんとか
ぶつくさ思ってるうちに、泣く気も失せている。

不思議なものだ。

しゃきんと頭の切り替えをしなきゃいけないけど、まずは形から・・・と問題集等を
購入。近所に大きな本屋がないのでネットの本屋。便利だ。

幸運にも、譲って頂ける予定もあったりで、とても嬉しい。
3月末で仕事を辞めるとなると、節約生活ももっと真剣にしなければ。

そのわりにはここのところ、やけ酒ならぬ「やけアイス」しすぎ。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2003年09月30日(火) 泣いて負けを認むる獸の條理を諷刺せよ
母上に昨日メールで報告したら、今日電話がかかってきた。

「多分今年度いっぱいで仕事辞めるけど、もし受験して駄目でも仕事はどうにか
なるから。」と言ってみる。

本当にどうにかなるんだろうか。

引越し前の条件を私が破ってることを勉強を盾にして守っている。
でもそんな約束どうでもいいみたい。
なんだかほっとして電話を切ったあとで泣けた。

母上にしても友達にしても、「慰める」という感じが全然なくてそういうところが
すごく好き。

慰められるのが嫌い、というか苦手。
負けを認めたくないんだろう。

今回は負けたど、まだあきらめない。

スポンサーリンク