公務員受験日記2004年9月

2004年09月08日(水) 終わりです。
結局全て、二次落ちしてしまった。

9月2日に一度落ちた国立の法人から10/1採用のお誘いがあったのだが
返事の期限は翌日まで。
その時点で3つの自治体の発表が残っていた為、どうしてもそちらに
かけたかったので辞退させていただいた。

絶対に後悔しないつもりだったけど、連絡があと一週間遅かったなら、
と考えてしまう。

この先どうやって生きていこう。(死にゃあしないが。)
いろいろ割り切っていかなきゃ。
元の仕事に戻るのか。また鬱になったらどうするの。
考え込みすぎると本気で鬱っぽくなるので、機械的に仕事をしながら
時間とともに心の中を整理していこう。

昨日は泣きすぎで頭痛と吐き気がひどくてなかなか寝付けなかった。
それでも仕事に行って、いつもどおりにこにこ対応しなきゃならんし。

ああ悔しい。全て自分の責任だが。

ただ、自分のやってきたことに後悔はない。
二年間程仕事の日も休みも勉強に費やしてきたこと。
面接での受け答えも、緊張して思うように話せなかったという訳では
なく、精一杯やりきったと思う。

だから余計「私そのもの」が職員として必要とされてなかったのだと
いう感が強く、人間としてどうなの?と考えてしまう。

落ちたこと、親に言うのが一番つらい。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2004年09月11日(土) 暗い話が嫌いな人は読まないように
ネガティブな話が嫌いな人は多いだろう。

でもここでは暗い気持ちを書くよー。
書いて心の中を整理したいのですよ。

だからそういうのが嫌いな人は読まないで下さいね。

関係ないけど、女子高生にクラスのことで相談を受けている時に、「ネガティブ」
のことを「ネィティブ」と間違えて言った子がいたな。

「私ってネィティブだからさ・・・」

爆笑してしまった。ごめんねー。

そういや、その子、恋愛で悩んでいる時も、黒板に「I can’t live without you」と
書き残したかったみたいだが、間違えて「I can’t live with you」と書いていた。
英語は苦手らしい。
まったく、可愛いなー。

————————-

燃え尽きた感じで呆けている。
勉強していた頃と同じように家事をし、同じように出勤し、同じように仕事
をしているのに、心の中に希望が一切ない。
思いっきりやりたいこととか思い浮かばない。

今はテンション低いままでいいか。

終わったことはどうしょうもないことは解かっているので、あの時こうすれば等
とは考えないけども、この先どうするかを考えるとが不安で不安でしょうがない。

根本に返ると、私はここで好きな人と生活ができれば仕事は何でもやるという
覚悟で引っ越してきたはずだった。まだ覚悟が足りないのかなぁ。

前の生活が自分にとっては簡単でなかったことは自分がよく分かっている。
彼や彼親はまた戻ったら精神がおかしくなるだろうから、それだけはやめた方が
いいと言う。自分でも神経壊すかと思うけど、薬飲みながらでも仕事をしている人は
職場に普通にいたので、自分もそれぐらいの覚悟で挑めばやっていけるのかとも思う。

事務系の仕事を探しても派遣ばかりで55歳ぐらいになった私がそのまま続けて
働けている(雇ってもらっている)とは到底思えない。
派遣事情も数十年先には変わって、40代、50代の派遣社員もいる時代になるのかな。
そうは思えない。

自分が希望するのは「一生できる仕事」だ。
定年まで働き続けられないと困るのだ。

いっそ全部捨ててやり直そうか(死ぬわけじゃーない!)とも考えるが、
すぐに打ち消す。そんなことは自分は望んでいない。

せめて自分の方向は合っていると今、確信したい。
が、言いたいことが思うままに言えない。聞けない。弱い。

何にしても自分でここからどうにかしなきゃならんの。
試験落ちた他の人も似たような絶望感を味わってるのかもしれない。
しかし、人と比べてどうという問題じゃない。
自分はここからどうすんの?

今後、努力してどうにかなるものなのか。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2004年09月20日(月) やはり、まだ駄目だ。(かなり愚痴)
日曜まで8日連続勤務だった。3連休なんぞ関係ない。
でも給料は毎月何日働こうと一緒。

家賃も入れて月約11万で二人暮し。(多少貯金に回しているので。)
11万稼げば今の生活は出来るわけか。
そう思えば少し気が楽になるが、一生このままの暮らしではきつい。
いつか住む所もちゃんと考えたいし、親に何かあった時等に手助けしたいしな。

やっぱりまだまだ立ち直れんわ。
どうあがいても、来年はもうないんだ。
一番やりたかった仕事はできないんだ。
じゃあ早く切り替えろよ、と自分で自分につっこむ。

何度も書くが、不思議なぐらいやってきたことに後悔はなくて、だから余計に
根本的なおかしさに自分で気付いていないようで、こんなのでこれからどうしようか。
ハテハテ。

この前女子高生のズバ子さんと職場の後輩の武田さん(仮)と何気なく話してる
中で、ズバ子さんがいつも私の髪の毛が伸びすぎだから切れだとか、暇そうだと
かズバズバ言ってくるくせに、珍しくすごく言いにくそうに「奥谷さんは、こんなとこ
ろにいる人じゃない~…」と言われた。

その子のイメージでは、私はもっとバリバリ仕事が出来そうな人だから、塾なん
かで事務をやっていちゃいけない、らしい。

そのイメージ、喜んでいいのか解からない。

今の事務の仕事はその程度にしか見られていないということだ。
とてもみじめな気分になった。

社長は「奥谷さんは仕事が速い」と陰で武田さんに言っているらしい。
それは違う。自分がとろいのが分かってるから、人より先取り先取りでやらなきゃ
おっつかないのだ。自分に自信が無いので前もって確認する。それを勝手に
「速い」と捉えてくれているだけだ。

周りの人が思うまま(いや、言ってるだけかもしれないが)の自分だったらいいのに。
仕事が速く、バリバリと仕事をこなす女。

何もかも中途半端だーー。

明日は早めに起きて、仕事前に、遠方にある県庁まで成績開示でも行くか。
また、泣いた後とバレバレの顔で出勤するのだろうか。
それは避けたい。避けよう。

ふんふふーんとなんでもない顔で成績を聞いて、にっこりして職員にお礼を言い、
何事も無かったように会社に行こう。

すべて自分が悪いんだ。自分で立ち直らないとしょうがない。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2004年09月23日(木) 浮き沈みが激しい
気分が上がったり下がったりが激しくて、今日は休日で天気も良いので比較的
上がっている。

昨日は最悪だった。

結局人の立場なんてその人にしかわからないのに、余計な助言をして後輩を
怒らせてしまった。改めて、無意識に人を傷つけてしまう自分が嫌になった。

後輩も自分も人と一定の距離を置きたがるタイプだと思う。昨日は踏み込みすぎた。
これで辞めると言い出したらどうしようかと不安だが、済んだことは仕方が無い。
フォローしようとしたが、自分が不器用すぎてフォローにならず墓穴を掘る
ことになってしまった。次に会うのは月曜なので、もう何もなかったように過ごそう。もうどうでもいい。

おとついは県庁まで成績の開示に行って落ち込んだ。6人採用で、8位だった。
県庁の職員にお礼は言ったけど落ち込みは隠せなかった。

エレベーターが来るまでの時間の長かったこと。
一人になると半泣き状態になってしまった。恥ずかしいなー。こんな年にもなって。
まあ、7位で落ちた人だっているわけで、成績の開示担当の人にとっては、何位
で落ちようが、その人がその場で目に見えて落ち込んでいようが、毎年よくある光
景なんだろう。

しかし、国立機関から電話がかかってきたことも考えると、ギリギリのところで
負けることが多いな。それでも負けは負けだが。

自分自身に決定的な欠格事項があるわけではなさそうだ、と思いたい。
どこもかしこもただ「縁」がなかった、そう思うしかないのだろう。

ここのところ、家でメソメソしっぱなしなので、一緒にいる人もうんざりだろう。

今日の天気みたいにからっといきたいもんですなぁ。

思えば、受験のことを数少ない友達にも詳しくは話していない。
だから、愚痴るのは親になってしまう。本当に心配ばかり掛けて申し訳ない。

もし私が次の仕事について、失敗しても関西には帰る家がある。

そう思うとすこし気が楽になる。

去年の今頃はまだ専門試験の勉強すら始めていなかった。一年間よくやった。
と、自分で自分を褒めてみた。
結果がでないことには何にもならないことも分かっているが。

さて次に向けてスタートを切らないと。

ちなみに公務員試験に費やした問題集代・本代・交通費・模試代などを合計
すると15万ほどだった。(未使用の通信教材4.5万や未使用の問題集を含む)
学校に通うのに比べたら安いものだ。

これで将来が手に入っていれば、という前提付。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2004年09月27日(月) 20万散財プロジェクト、着々と実行中。
ノートパソコンも無事購入し、その他服や靴など(しかも外で買い物するのが
嫌いなので通販ばっかり!本当に出不精・・・)も購入し、着々と散財中。。

無事、新品ノートでも繋げるようになったら、しばらくネットに嵌ろう。
ぐふふふ。ネット中毒復活するかも。
今会社の仕事が異様に楽だし。

はぁ。
(溜息をつくと幸せが逃げていっちゃうんだよ。by塾の生徒)

気分はなかなか切り替わりませぬ。
とりあえず会社の人に今後の話をしたいのだが、皆忙しそうでつかまえられない。

割り切れー。割り切れー。不安なんぞ打ち破れ。
がんばれー。私。

どちらにしろ今の仕事は3月最終日にはきっぱり辞める。
忙しい時期だということは承知しているが、やめるったら辞める。
今年ダメだったのは決して仕事のせいではない。本当に。
良い待遇で続けさせてもらっていた。
だけど、辞めないと自分の中で次のステップに進めないのだ。
どこかで「甘え」の気持ちが生じそうで。

大学時代の部活仲間は皆すごい勢いで働いている。
私ももっともっとがんばれるはず。

なんとしてでも自分が稼ぐのだ。
私、もっと頑張れる。

スポンサーリンク