失業保険

※2005年に私が退職した当時の情報です!

再就職するまでの間に、収入が全くない状態というのはかなり精神的に厳しい。私は一度目の転職時に、失業給付を受けることが出来なかったので、2ヶ月弱全くの無収入状態で就職活動をした。

引越し&はじめての一人暮らしで随分お金を使った後だったし、で不採用の通知を貰う度に、ずーんと気持ちが沈んでいた。焦っては駄目だと自分に言い聞かせ つつも、このまま就職できなかったらどうしよう・・・とかなりのネガティブ思考に陥っていた。

せめて生活ができるだけのお金を蓄えていたり、支給による補助があれば、もう少し、気分が楽だったかもしれないと思う。

今回の失業では、数ヶ月無職でいられる程度の蓄えは一応あるし、雇用保険に入っていたので失業給付も受けられるだろう。ただ、会社側の手続きがとてもいい 加減なので、離職票が早くに貰えるかどうか、心配していた。

社長に連絡してみると、前もっての押印等なしでも、きちんと離職票が発行されておりました。記名欄・押印欄が空白のままにしてあり、発行後の確認・押印で 大丈夫だったようだ。なーんだ。ひやひやしてしまったよ。

早速、ハローワークへ。

 

失業給付の受給に必要な手続き

どこに?  居住地を管轄するハローワーク(公共職業安定所)
いつまでに?  受給の期間が退職日の翌日から1年以内となってい
るので、離職票を手に入れたら早めに行くべし!
持参するもの  雇用保険被保険者離職票-1、離職票-2
雇用保険被保険者証
印鑑・住民票、運転免許証等の身分を証明できるもの
写真(3cm×2.5cm)
本人名義の通帳(給付金の振込用の口座となる)

 

さて、ここからはあくまで私自身の体験談。ガツガツしてて我ながら嫌な感じなのだが、気になっていたのは以下の3点。

・いつから貰えるのか
・いくら貰えるのか
・どの程度の求職活動実績が必要なのか

 

いつから貰えるのかしら?

離職後最初に安定書へ求職申し込みをして離職票が受理された日以後、7日間の待機期間を経過してから。自己都合で退職した時にはこれに加えて3ヶ月間給付が制限される(延長される)。私は、社長のご厚意により(?)会社都合で辞めたことになるので、待機期間7日間の後から給付開始。

ハローワークが設定した認定日(私の場合待機満了から19日後だった)に、失業の認定を受け、その3日後に1回目の振込みあり。要するに初めてハローワー クに行った日から約1ヶ月後には、給付を受けることができたことになる。

 

いくら貰えるのかしら?

原則として、離職日の直前の6ヶ月間に支払われた賃金の合計を180で割った額(賃金日額)のおよそ5割~8割になるそうだが、下限額や年齢別の上限額が設定されている。

私の場合、社会保険が引かれる前の給料が
1ヶ月198,000円×6ヶ月=1,188,000円
1,188,000円÷180日=6,600円(←賃金日額)

5割から8割を計算してみると、3,300円~5,280円か。
決定された基本手当日額を見てみると4,668円
7割は出ていることになる。しかし、この何割ってのはどうやって決まってるんだろう?5割と8割じゃ大違いだ。よく分からない。

雇用保険の被保険者であった期間が10年未満であった一般の離職者は90日間支給されるそうなので、
4,668円×90日=420,120円
1か月分(約30日)にすると140,040円!

こんなに貰えるの!?
これまでの手取りが16万いくらかだったので、とてもありがたい。
ここから社会保険料を出すわけだが、それでも生活費の11万は賄える。

 

どの程度の求職活動実績が必要なのかしら?

失業給付を受けるには、前回の認定日から次の認定日の前日までの期間中に、原則として2回以上の求職活動実績が必要となる。

でもこの求職活動実績とは何ぞや?これがよく分からなかったので、求人票を見て、とにかくがんがん応募しなきゃならないのかと思っていた。

<求職活動実績に該当するもの>
・ 求人への応募・面接等
・ 職業訓練・職業紹介等を受けたこと、各講習・セミナーの受講等
・ 公的機関などが実施する職業相談など
・ 再就職に資する各種国家試験、検定等の資格試験の受験

うむむ、これ↑を見てもハテハテ状態だったのだが、ハローワークの説明会での話によると求人情報を検索・閲覧するのも、立派な求職活動だそうだ。
確かに。自分に合う求人があれば応募するし、なければ応募できないし。

ハローワークでの雇用保険説明会も「講習会」ということで求職活動に該当するし、求職活動支援セミナーなども頻繁に開催されている模様。

自分が応募したい求人がないのに、がんがん応募しなきゃならないってことはないということが分かって安心した。

そして、ハローワークには、次の仕事を見つけるためのいろいろな支援制度があることに驚いた。応募書類の具体的な作成や面接のロールプレイングまで行うセ ミナーも無料で受けられたりする。活用しなきゃ損ですな。

尚、こちらに記載した情報は2005年5月時点の私の退職時のものです。
人によって失業給付(基本手当)の金額や支給される期間等は異なりますので、必ず皆さんご自身でのご確認をよろしくお願い致します。

スポンサーリンク