失業保険、再び

※2007年当時の情報です!

さて、2007年からの無職時代の失業保険は?

辞める前の私の本職のお給料は、交通費等込みで23万円台。
手取りが18万7000円ぐらいだった。ボーナスはなし。

雇用保険受給資格者証に記されている「離職時賃金日額」が7,813円。
「基本手当日額」が5,119円。

5,119円÷7,813円 ⇒ 約65.5%

辞めた時のお給料の65.5%が出ている。

給付金のトータルは私の場合・・・ 5,119円×90日=460,710円
1ヶ月(30日とする)あたりを計算すると153,570円。

結構大きい。

ちなみに失業給付受給中のバイトは、いろいろ条件があるが申請すればやってもいい。(詳しくはハローワークで確認を。)

さて、これまでは天引きだった住民税・国民健康保険・国民年金を払わなければならない。

参考までに2007年12月から2008年3月分として私が支払った金額を書いておく。(人によって違うので、無職になる方は自分で確認してみてください。)

住民税・・・去年爆上がりしたので、でかい!年間126,100円のうち11月までの就業中に63100円を支払っていたので、残りの63,000円の請求がきた。12~3月までの分として平均すると、1ヶ月あたり12,600円。

国民健康保険・・・世帯分なので二人分か。12月~3月までで79,200円を支払った。1ヶ月あたり平均すると15,840円。

国民年金・・・昔は失業中だと全額免除に結構簡単にしてもらえたんだけども、今回は申請書類に理由を書く欄がなくなっていた。

「理由を書く欄がないんですけど」と思わずつっこんだら、臨時職員の若者があたふた困っていたが、ベテランに聞いて数年前からなくなったとのこと。

源泉徴収や確定申告で自治体が収入を把握しているので、それによって判断されるそう。ってことは去年の収入に基づくから、まず免除されないな・・と思っていたらやっぱり免除されなかった。1ヶ月14,100円。

スポンサーリンク