掃除の失敗1…掃除機から異臭

私の一台目の掃除機は紙パックが一杯になるとサインがでるようになっていた。2005年頃ひとり暮らしで、週に1度掃除機をかけるぐらいだったので、紙パックのゴミはなかなか一杯にはならない。

よっしゃ、まだいける・・・まだいける・・・と、紙パックサインを鵜呑みにしているうちにかなりの月日が経っていたように思う。

ある日曜日、いつものように掃除機をかけると、排気から異臭が!
気分が悪くなるほどの強烈な臭さ。こりゃたまらん。

具体的な原因は分からないが、そりゃー、アリ(ぎょぇぇ)やら何やらかんやら吸い取りっぱなしだったもんな・・・。

急いで紙パックを替え、フィルターを洗い、ファブリーズしてみるも駄目。
全く臭いが消えず、掃除機が「悪臭撒き散らし機」へと変貌してしまった。

まだまだ機能自体は何も壊れていないのに、新しく買い換えることに。
それぐらい我慢ならない悪臭だったのだ。

 

-教訓-
紙パックは一杯のサインが出なくても、月日が経ったら交換しよう。
中身が腐る。

 

-追記-

二台目の掃除機はこの教訓をいかしてこまめに紙パックを変えていたつもりだった。なのになのに、1年半経ったらまた異臭がーーー!
なんで?全く意味が分からない。

三台目は、サイクロン式にして、毎回ダストカップを水洗いしている。
フィルターも月1で水洗い。
紙パック式の掃除機は二度と使いたくない。
それぐらい、あの悪臭はトラウマだ・・・

四台目で、エルゴラピードに出会い、その後も買い変えつつずっと使っている。(後日お気に入りの掃除道具として紹介予定。

 

スポンサーリンク