暗黒期-おわりに

2006年4月~6月まで、たった3ヶ月だけども長かった…
忙しかったこともあるけども、振り返るのにとても時間がかかってしまった。

過去に1度失敗したことなのに「喉元過ぎれば熱さ忘れる」で、私は2度も失敗してしまった。学習能力がないなぁ。

教職に戻ることはもう絶対にない。
精神的に無理をしても続かないということが充分過ぎるぐらいに分かった。

体の疲れなんて、精神の疲れに比べたらどうってことはない。
そんな気持ちを持って、仕事の見直し5に続く。
(仕事の見直しコーナー、いつまで続くんだろ。もう見直さなくていいようにしたいんだけど・・・)

(2008年2月・記)

スポンサーリンク



問題解決について

心のバランスが崩れてしまうことって誰にでもありうると思う。

「うつっぽくなったらこうしたらいいですよ」なんてアドバイスは私にはできない。自分自身うつだったのか、何だかよく分からないし、原因や症状は百人百様なので一概に言えない。

「鬱」っていう漢字を見ただけでブルーな気持ちになるので(というか画数多すぎで濃縮しすぎ。悩みが詰まってそうなイメージ。)、敢えてひらがなで書くよ うにした。

問題解決について、自分について書くだけ書いておこうと思う。

何故続けられなかったのだろう

日記を読み返して我ながら思うけども、何が嫌だったのか、何が原因で調子が悪くなったのかをほとんど書いていない。

特に問題のあるクラスを担当していたわけでもなければ、学級崩壊をおこしたわけでもないし、学年的にも楽なところだったし、傍目から見たら頼りないかもし れないけどもそれなりに仕事をしていたように見えたと思う。

子どもに徹底的に嫌われていたわけでもない。人前で全く話せないわけでもない。

結局、分からないのだ。

この、自分のことなのに言葉をもって説明できないところや、私自身の甘さ(優柔不断さ)、いい加減さが自分で許せなかったのかなぁ。分からない。

数年経ってもよく分からないので、もう分からないままでよしとする。

そもそも本当に「うつ」状態だったのか?

具体的に症状を振り返ってみると
・ 毎日が憂鬱でほぼ毎日泣いていた。家で全く笑えなかった。
・ 寝なきゃと思うのに充分眠れない。悪夢で目が覚めたりする。
・ 頭の働きが鈍くなり、思考力・理解力ががくんと落ちていた。
読んで分かるはずのものが頭に入らない。事務仕事に時間がかかる。
・ 人の言葉に対する反応もいつも以上に悪かった。
・ 判断がすぐにできない。スーパーに買い物に行っても何を買えばいい
のか分からなくなって、ぼーっとしてしまう。
・ 食欲が落ちる。作る気力が全くない。
・ 楽しみが何もない。悲観的なことしか思い浮かばない。
・ 自分が死ぬ具体的イメージがくっきり頭にあって、でもそれを実行し
てはいけないと思いつつ、いつか衝動的になりそうで怖かった。

普段の自分とは確実に違っていた。普段は、根暗といえども上に書いたようなことが続くことはない。

でも食欲ないと言っても、お昼はしっかり食べていたし、充分眠れないといっても平日3,4時間は寝て、休日に寝っぱなしだったりしたし・・・本当にうつ病 だったら、仕事を辞めてすぐに次へのスタートをきることはできなかったのではないかと思う。(私は4日後には次の職場が決まった)

だから、何だったのかよく分からない。
分からん、分からんことだらけ。

病院通いについて

虫歯になったら歯科へ行く。結膜炎になったら眼科へ行く。不正出血があれば婦人科へ行く。なので私は、心の調子が悪けりゃ心療内科に行く。他の科と変わりはない。

でも他の科以上に、医者による当たり外れが大きい科だと思う。薬だけポンポン出す医者もいれば、話をじっくりきく医者もいる。

私が行ったクリニックの医者は、ちょっと決めつけが激しいように感じた。
こちらは、医者に行ってもなんだか頭が働かないしうまいこと話せないわけ。そんな中でも自分なりに現状を伝えたつもり。

教頭とその医者が私抜きで二人で話した後、教頭には私は「子ども嫌いで、子どもの声を聞いているとうんざりするとのこと。うつ『病』じゃないけど、うつ 『状態』で、診断書は本人が辞めたいと言うから書いただけ。」みたいな感じで伝わっていた。(私は子ども嫌いなんて言った覚えはない。)

確かにあっさりしていて、「辞めたいなら診断書書くけど?どうする?」という感じだった。

うつのときに重要な判断は避けた方がいいとよく聞く。当然医者も分かっていることだろう。それを考えると、「そんな簡単に重要なこと即答できないよ。」と 今なら思うけど、どこかでその医者、私がただ辞める理由を作るために病院に来たのだと、最初から感じていたのかもしれない。

何人も診ている医者がそう思うってことは、そうだったのかな。自分でも分からない。私は通院当初、薬を飲んで仕事続けられるもんなら続けたいと思っていた のだけど、そのうち辞めることしか考えられなくなっていた。

まあ結論としては、ずるずる続けることにならなくてよかったと思う。
その医者の後押しがあったからこそ、すっぱり辞められた。

だけども長くお世話になるにはちょっと考えものだな。転職後は、落ち着いたのでもうお世話になっていない。次にお世話になるようなことがあるなら・・・別の医者を探す。


ストレス解消法

当時のストレス解消法といっても、何もやりたいことがなかった。特に食べたいものもなかった。楽しいと思えることが皆無だった。

「仕事の時間外は頭を切り替えるのがいい」というけども、次の日の準備が膨大すぎて(まだ要領を得ていなかったということもある)、家でも仕事のことしか考えられなかった。

唯一ストレスの解消といえば泣くことぐらいか?
しかし泣くことは毎日だと周りに迷惑(心配)をかけてしまうし、顔は腫れるし、頭痛はするし、眉間にしわがつくし、後味が悪い。

私の場合、これが別の仕事だと全く違う。
仕事は仕事だからストレスは特にたまらない。
だったら・・・↓

逃げるが勝ち?

仕事を始めて数ヶ月でダメだと判断するなんて、根性がない…とも思う。
でもすでに昔2年間やってだめだなと感じていたし(そこで学習能力がなくもう1回チャレンジしたのが私の浅はかさ)、別の仕事(事務系)だとほとんどストレスを感じないだろうことは分かっていた。

だったらさっさと逃げたもん勝ちだと判断した。
周りに大きな迷惑をかけることになるし、職歴もややこしいことになるけども、死ぬよりは投げ出した方がまし。死ぬよりは…と思えるということは、軽い時点にいたということだ。

経験して分かったこと

以下私の偏見である。

きついときは好きな人が側にいようと何かしてくれようときつい。どんな言葉をかけられようときつい。だから、もうしょうがない!
周りまで親身になりすぎて、つられて落ち込みすぎてもよくない。

例えば彼や友だちが(心の)病気で落ち込んでいたとしよう。
「自分がなんとか力になりたい!」と思っても、私は本人じゃないんだから「気持ちが分かる」といえば嘘になる。

声をかけないってわけじゃないけど、こちらが相手を思っている気持ちは態度や雰囲気で伝わると信じているので、つかず離れず見守りたいと思った。

スポンサーリンク



ブルーな日記(3)

2006年6,7月の日記。ブログより引用。
青文字は今(2008年)、振り返っての追加。

2006/06/01 Thu 21:32:54

優先順位

今日は仕事が沢山ある。

大抵午後8時に帰って9時には寝、午前2,3時には起きて仕事してお風呂はいって出勤する。

今日はそのスケジュールじゃ間に合わないぐらいいっぱいやることがあるのに夕飯を作った。そしてブログいじったりして何やってんだ?

優先順位が間違ってる。
現実逃避にも程がある。

朝が一番調子が悪い。
それを考えると早起きして仕事するより、寝る前に仕事した方がいいのだろうか。
だが、帰宅してすぐ仕事に取り掛かる気がしない。
毎日寝るか仕事するかしかしてない気がする。要領が悪い。
こうして日記更新する間があったら1つでも片付ければよいのにと思うが、少しは息抜きになるのでよしとしようか。もう寝よう。1時頃に起きるぞ。


2006/06/03 Sat 11:32:49

誰か僕に巧い御菓子を

昨日は午前1時過ぎに起きてなんとか仕事を片付けた。
出勤後なるだけ早く帰りたかったのだが、勤務時間後に組合の集まりがあったので眠くてお薬も多分きれて調子の悪さが絶頂になった。

それでも外にいるときの自分はかなり平静を装っている。
その分家での荒れようがひどい気がする。

辞めた方が周りのためにも自分のためにもいいと思う。
だが、職場で「○○ さんは、新任だけど経験があるから本当に心配しないで見てられるわ~^^」なんて上司に言われると、変なプレッシャーとなっていいだせない。途中で辞める ことの迷惑さが分かっているだけに、言い出せない。一息つく暇もなく次々に仕事はあるし、この土日も月曜提出の書類を仕上げなきゃならない。

身動き取れない。

家の前の線路を見つめてぼーっとしている自分はやばいと思う。
家では泣いて泣いて、「なんかいい薬ないかな…」と言うと「ないと思うよ」と彼に言われた。薬で誤魔化しても仕方がないのだ。

最近は家も「仕事をする場所」となり、机の前に座ると気分がどんよりする。休みだが気が重い。軽く片づけをして始めないと…

明日は出勤したほうがいいかもしれない。
誰にも会いたくないな。

6月は出費の記録はやめにします。
あとで、5月の家計簿はアップする予定です。


2006/06/04 Sun 06:25:21

病?

結局昨日は掃除した後、睡眠不足解消のため寝続けた。
7時過ぎに買い物へ行き、だるいながらも料理。
出来上がったら10時前で食べたらもう11時前。
「ひさびさに普通の晩御飯を食べた気がする」と彼が喜んでいた。
(先週はほとんど夕飯作らなかったから。)
さて仕事しようとしたが、涙が止まらなくなり、思っていることを彼にぶつけてしまった。

鬱って病気なのか?見た目に平気だからやっぱり休めない。
病人の自覚を持ったほうがいいのか。(そんなもん持たなくていいと言われた)例えば盲腸だったら休んで当たり前だけど、鬱で休むのも世間は許してくれるのか。

辞めたいけども辞めるって言い出せない自分が嫌で死んだ方がましなんて思ってしまう。でも実際死ぬ気はなくて、死ぬぐらいなら明日から出社拒否した方がましだと思う。

でもそれはできない。1日も休む勇気はない。(その後のフォローを考えると。)思考がおかしくて、いっそこうすれば(内容自粛)明日はいかなくていいとか 考えてしまう。おかしいのは分かっているけども、職場ではあまりにも普通。逆に調子悪いまま行ったほうがいいんだろうか。

そんな時に母親からメールが来て、定年で辞めるつもりだった父がもう少し働き続けるという。「だから○ちゃんもおおぶねにのったつもりでね♪」なんて書いてある。この前私が「辞めるかも」なんてもらしたからかもしれない。

本当にいつまで親に心配をかけるんだろう…
弟が大学を卒業し就職して、私も再就職して、妹は子どもを産んで、父は安心して定年を迎える予定だっただろうに。ごめんなさい。

あまりにも私が泣くもんで、落ち着く薬を彼がくれた。飲んだら寝てしまった。

とにかく目の前の仕事をなんとかしよう…
今からだったら24時間ある。この働かない頭でもなんとかなるだろうか。


2006/06/05 Mon 01:08:58

昨日はいざ仕事しようとしたら足りないものがあって出勤した。
その後、書類作りを始めるもとにかく眠く(薬の副作用もある)やっぱり頭の働きが悪い…

夕飯は適当に済ませ、早寝早起きで午後8時睡眠、12時起き。
眠剤(3時間は効くはずのもの)を飲んでいるのに10時に一度目が覚めたのでよっぽど焦ってるんだろう。寝た気がしない。

というわけでただ今せっせと書類作り中。3時には終わらせて他の仕事もしないと…週の始まりがこれだと1週間きついだろうな。。

メールをくれた方、ありがとうございます。
今お返事できにくい(とっても時間がかかってしまう)状態なので出せなくてごめんなさい。ありがたく読ませて頂きました。


2006/06/05 Mon 05:49:07

終わったー。ぎりぎり。


2006/06/06 Tue 20:59:52

意識・無意識

絶対に辞めたい、辞めたほうがいいと思ってるくせに、職場に行くと薬の影響かとてもそんなこといえる雰囲気じゃないというか、無意識でずっと動いてるような、変な感じだ。

意識が戻ると(休日になると)しくしくめそめそしてどちらがいいのか分からない。朝、出勤前がやっぱりきついな、気分的に。食欲がなくて痩せてきた。といってもまだまだ去年の夏に比べれば太ってるから平気だ。

何が何だか分からないや。
本当に分からない。

とりあえず眠い。ずっと寝ていたい。

永遠に眠りたいと思っていた。


2006/06/10 Sat 06:18:08

倦怠 虚勢 優等生

普段3時に起きても目覚めが悪くすぐに仕事できないくせに、休みにも3時に目が覚めて、寝なおそうとしても眠れないってどういうことだ。

喉が痛い。年中風邪ひいてるような。
目の上がものもらいみたいに腫れている。いつもの結膜炎。目薬をさせば治るだろう。

抵抗力が落ちてるな。ちゃんと晩御飯食べないからか。
食欲はそれなりにはあるくせに食べる(作る)のが億劫でならない。
ひどい面倒くさがりや。

6月になってもまだコタツとファンヒーターが出ている。
朝方は寒いからまだ使っている。
温かい県のはずなのにな。


2006/06/11 Sun 00:04:04

今日は沢山泣いた。結膜炎が痛い。
ああ、どうなるんだろう。
長文を書いておきたいけども眠剤を飲んでしまったので寝ます。
ずっと寝ていたい。

メールを下さった方、ありがとうございます。
すごく嬉しいのですが、コミュニケーションに関する頭が働かずお返事が書けません…(今暗いことしか書けないので、無理に空元気出しても失礼だと思いますし、すみません。)
せっかく「えいや」と出して下さったのにごめんなさいね。。
嬉しく読ませていただきました。


2006/06/11 Sun 08:49:55

私は悔しい

先週はとにかく調子が悪くて(仕事の)限界を感じた。
心臓のバクバクを自分で感じる程で、自分で自分がおかしいのが分かる。
何がだめなのか、どう調子が悪いのか、うまく説明できないので読んでる人は「?」だろうけど、「このまま続けていてはいけない」と心底思った。

昨日は診察だったので、そのことを医者に言った。
だけども、周りへの迷惑を考えると、辞めたいことを言い出せないのだと。
すると「診断書なら書くよ」とその場でさらりと書かれた。
持っていって話す、それで終了。(もちろん引継ぎや何やいろいろあると思うけど…)

多分辞めることになる。

いいんだろうか。すごく迷惑な話だ・・・
でもそう言っている場合じゃない。
続ける方が迷惑だろう。おかしいもん。

ああ。

辞めて私はどうなるのか。
再就職できるんだろうか。
何の仕事でもやる覚悟でいないと。。
1000万への道も程遠くなる。
(今の仕事のペースだと年間150~200万貯金できるので達成できる計算だった)

そんなこと言ってる場合じゃないってば。
命の方が大事。

よく母親が言っていた。死んだ気になればなんでもできるって。
重い鬱の場合、それは難しいだろうけど、私の場合、まだ間に合うよね?
1回死んだと思って最初っからやりなおすことができるだろうか。

こちらに引っ越して、公務員を目指し始めてからの何年間、自分なりに一生懸命やってきたのに、どうしてこんな結果になってしまうんだろう。とても悔しくて涙が止まらなかった。

悔しいよ。私、がんばってきたよね?何がいけなかったんだろう。
ここで辞めていいのか。

親に電話して話した。

母も父もとても優しい。
心配ばかりかけてごめんなさい。
こんなにいい親に育てられたのにどうして私はこうなのだろう。

母親が言った。
私は見た目、しっかりしていそうに見られるから損だと。 (本当は頼りなくて弱くて一人じゃ何にもできなくてどうしょうもないのにね。)世の中やっぱり見た目や学歴で判断されてしまう。その周りの目に応えよう と、がんばりすぎてしまうんだろうと。ああしなきゃ。こうしなきゃと考えすぎだと。もっと弱い部分を出してもいいんだと。

自然な、弱い部分の出し方が判らない。
例えば、人に「○○さんはしっかりしてるから・・・」と何十回と言われたことがあるが、そのたびに「全然ですよ」と否定してみたところで、「また謙遜を」と言われたりして本気にとってもらえていない。寧ろいつも言われたことを否定して、嫌な感じを与えてるような気がする。

友だちとでも数年間一緒にいないと素の(悪い意味でなく)あほな部分は出せていない。意識して隠してるわけじゃないけど、出せない。だから職場の人と打ち解けられない。打ち解けられない事自体は自分は気にしていないが、こんなになるまで周りに相談しないのは問題だと思う。

「周りに迷惑がかかる」
「次の就職できるかな・・」
と電話でうだうだ言っていると「そんなのは考えなくていいから早く辞め」と言われた。
次の就職に関しても、「ちゃんとしたところに」とか考えなくていいって。働く気さえあれば、何か仕事はあるだろうし、生きていけるって。何もなければしばらく帰ってきてもいいんだしって。(というか帰ってきて欲しいみたいだけど…)

とにかく病気して無理して続けていないで、早くお辞めと。

診断書に書かれた病名はしっかり「うつ病」。2ヶ月でこんなことになるなんて。

職場で言えるかな。言わなきゃ・・・
気が重い・・・

それとは別問題で、目の前の仕事しなきゃ。
今日も職場に行かなきゃ・・

もう嫌だ。自分が嫌だ。情けない。

自己肯定感が足りない、分かってる。
安定していた5年間はそれなりに持てていたんじゃないだろうか。
忘れちゃった。
仕事を変えれば回復するか。
今は暗いことしか考えられない。それが病気?
何でも病気のせいにしすぎじゃない?

ああ、もうっ。

結局、今の仕事が嫌なだけなんでしょ?
分かってるくせになんで勤めるんだよ。学習能力のない…

仕方がない。やってしまったことは仕方がないんだよ。

混乱中。


2006/06/11 Sun 11:49:18

朝日記を書いてから、「何もやる気がしない。頭痛い…」と横になって休んでいて、気が付いてみれば、朝の薬を飲んでいなかった。

飲んでしばらくすると動けるようになった。
恐るべしお薬効果…
これだけ違うってことは、やはり病人なんだなと思った。

洗い物してお風呂入って出勤してきます。


2006/06/12 Mon 20:27:55

もどかしい

何とか言った。方向は決まった。
多分夏頃までに辞めることになると思う。

が、本質は伝わっていないと思う。
しっかりしてるから…勿体無い…を何回言われたことか。

お薬効果で、私が淡々としているからだろうな。

理想が高すぎなんだと思われている模様。
そんな状態じゃないのに。理想なんてないのに。

あー。これからどうなるんだろう。

とりあえず今日も寝てから仕事しよう。
ワールドカップはニュースで見るからいいや。

もう人がまばらになった職員室から、教頭が一人で出て行ったのを見計らって、追いかけて「ちょっとお話いいですか?」と声をかけて・・・その後は泣くでもなく平常な様子で、うつのことと辞めたい旨を伝えた。
私がダメならもっとダメな教師はたくさんいる。授業の様子を見ていても、しっかりやっている、勿体無い・・と何度も何度も言われた。


2006/06/13 Tue 04:06:34

半ぎっくり腰

腰を痛めやすいのだけど、職場で重いものをもちあげようとして半ぎっくり腰になってしまった。今日は長時間歩くのにな。ひどくなりませんように。

ある男の子から、登校中に溝にキーホルダー を落としたから拾ってほしいと言われて、学校外の溝まで着いていって、コンクリートの蓋を持ち上げようとしたんだ。懐かしい。結局持ち上げられず、細い棒 でつついたら上手に取れた。男の子が喜んで嬉しかった。そういう気持ちは感じることができていた。


2006/06/13 Tue 20:57:01

過大評価⇔過小評価

今日は別の上司に延々と考え直した方がいいということを言われた。
昨日の上司にもいろいろ確認された。
最終的には私の意志を尊重してくれるそうだ。
もう、本当に、気を使わせまくりで申し訳ない…
やたら声をかけられるのがしんどかったりもする。

周り曰く、私は真面目すぎる、物事を真摯に受け止めすぎるらしい。
「ここだけの話」と前提つきで、私より真剣に考えなきゃいかんだろうって人はいろいろいるらしい。私は見てて全く問題なくみえるらしい。

私が思うに、周り(上司)は私を過大評価しすぎだと思う。
何より、家での状態休みの日の状態をもし見てもらえるなら分かってもらえるだろうが、そういうわけにもいかない。

いくら表面上きちんとできていても、それ以外の時間でこれだけ不安定な人間、この仕事を続けてちゃいけないと思う…。「うつ」という状態の実態が全く伝わっていない。

肩の力を抜けといわれるが、もうこれは「性格」としかいいようがない。
自信がないのも昔っから。
小学生の時から、もっと自信をもってと何度言われてきたことか。
死ぬまでにもてるんだろうか。

あ、きりふき買うの忘れた…
写真を受け取ってくるのも忘れた。
いろんなことが抜けてる。

腰は意外に平気だった。歩きまくりで疲れた。

前日に引き続き、校長と話した。


2006/06/14 Wed 19:49:49

僕は何処迄も真摯なのだ“至って普通さ”

私にこの仕事が合っていないようには全く見えないそうだ。
今日もいろいろ話して疲れた。しんどい。そんなこと言ってる場合じゃないけど。

やっぱり外では無意識に取り繕ってる部分が大きくて(話す時は常に笑顔、とか。)、家に着くと疲れがどっとでる。重いものを食べる食欲が沸かない。単なる夏バテもあるかもしれない。

私の真面目さ(言われた表現をそのまま引用)をどうにか活かす道はないかといろんな策を考えてくれている。こういう道はどうか、こういう道はどうかと提案してくれるけども…嬉しいけど、もう何がなんだか分からない。

何が私にとって最良なのか。

でもきっと残ってもまた同じことの繰り返しだ。
今の私の状況(生活の形態等)も全部話してるので、不憫に思えるんだろうか。
何もかも何だかよく分からない。疲れた。

今日は早く帰ってきたが仕事を大量に持ち帰っている。
寝てからやるか。もう疲れた。

休んでいいって言われても性格か休めない。

あ、またきりふきと写真忘れた。
と思ったら今思い出した。
ペットボトルにつける霧吹きの口持ってるんだ。

担任から外れては?とか特殊学級は?とか休職?とかいろいろ提案してくださったが、どうしたって結局は同じだと思ったので、「辞めたい」で通した。
どこまで自分が話したのか全く覚えていないのだけども、かなり深く話したんだろう。教頭に彼のことをとやかく言われてしんどかったのは覚えている。それは、辞めたいこととは関係ないんだってば。


2006/06/14 Wed 22:18:50

弱り目に祟り目

参ってる時にどうしてこんなことばかり続くんだろう。
参っているからこそ問題が起きるのか。
家に電話がかかってくるときってろくな事がない。
さっさと寝てさっさと起きなきゃならないのに、気持ちが高ぶって眠れない。

保護者から自宅に電話があった。


2006/06/17 Sat 05:35:11

無理矢理に繕ってみたりしないで大丈夫

「大丈夫?」と聞かれると「大丈夫です。」としか答えられない。
そこで「大丈夫じゃないです」と言える人っているのかな。

木曜もいろいろ言われた。
薬飲んでるからなのか?全く問題があるように見えないと。
他の皆もいろいろ抱えている人はいるのだと。

鬱状態の時に励ましは厳禁だと言うが、分かるような気がした。
「他の人もがんばっているんだからもっとがんばれ」と受け取れてしまい、一人になった途端涙が止まらなくなってしまった。他のいろいろ抱えてる人はがんばっているのに、私はどうしてこんなにすぐに逃げようとするんだろう。

そのまま帰っても次の仕事するだけだし、泣いたまま帰っても鬱陶しいだろうし、としばらく車の中にこもっていた。

30分ほどいても状態が変わらず仕方がないので帰宅し、彼が寝ていたのをいいことにわんわん大泣きし、鏡に当たるわティッシュの箱に当たるわ…

でもどこかで冷静で、壊れそうなもの(皿とか)にはあたらないし、自分を傷つけそうになっても思いとどまれるし、まだまだ大丈夫なのだ。

寝たら落ち着いたので、早朝は仕事できた。

辞めるのってエネルギーがいる。

私を見ていると「健気で…」ということらしいが、健気は「健康」の健を使うのか。どういう意味なのか。調べてみた。

(1)心がけや態度がしっかりしているさま。現代では特に、幼く力の弱い者が、困難な状況で立派に振る舞うさまにいう。
(2)武勇にすぐれているさま。勇ましいさま。
(3)心がしっかりしているさま。毅然(きぜん)。
(4)健康なさま。壮健。

要するにしっかりしてるように見えるってことか。
もっと弱弱しくしてた方が「らしい」のだろうか。

上司とこそこそ話してる(話しかけられる)ので、周りの人がいろいろかんぐり始めたらしい。
はー、これからどうなるんだろう。

実家に電話がいったらしい。
今日は診察に上司を連れていかなきゃならない。

診察時はいつも泣きそうなの状態で行くのだけど、上司がいると多分無意識に「しっかりした自分」を演出するんだろうな。

今週1週間とても疲れた。

メールを下さった方、どうもありがとうございます。
返信できなくて申し訳ございません。
ありがたく読ませていただきました。

なだめて駄目なら・・・という感じで、急に教頭の態度が変わったのを感じた。


2006/06/17 Sat 20:07:35

体裁

私は未だ、この場に及んで、弱い自分を認めたくないらしい。

いろいろ思いはあるが、早朝起きで仕事するため眠剤を飲んでしまった。
おやすみなさい。


2006/06/18 Sun 09:15:03

医者が職場の上司に何と言ったのか、同席していなかったので分からないけども、その後の上司の話からすると深刻な「うつ病」ではなくて反応性の「うつ状 態」で、「診断書は本人が辞めたいと言うから書いただけ」…っぽいことを言ったようだ。

それを聞いた上司は、「それなら、もうちょっとがんばれるだろう」と思ったようだ。「様子見てたら大丈夫そうだし」とも言われた。

その後も、誰もが楽しいと思って仕事してるわけではないとか、他の人もがんばって いるという話ばかりだった。辞めるのもだいぶ先になりそうだったので、なんとか話して後任が決まったらということになった。ただ、後任が決まるのはいつな のかは分からない。7月いっぱいまで働くことになるかもしれない。

医者は、「会社は、引継ぎの関係でもう少しの間働いて欲しいみたいだけど、無理だったら無理と言えばいい」と言った。

私自身は「辞める」って言ってからのほうが毎日がしんどくなっており、これ以上家で大荒れして迷惑かけたくないし、できれば早くに辞めたいけども、職場での迷惑を考えると「無理だ」とは言えない。言えない自分が悪い。

家に帰って大泣きして、彼に「うつじゃなくてただ我侭で、嫌だから辞めたいだけだと思われた。この状況をどうやったら分かってもらえるのか」云々言っていたら

「分かってもらえなくていいじゃん。『嫌だから辞めたい、これ以上とても無理』って言えばいいじゃん。」

と言われた。なるほどその通りだ。

私はまだいい格好をしようとして「嫌だから辞める」という我侭で辞めるのじゃなく「病気だから辞める」と理由を作りたいだけなんだろうなぁ。(うつ状態なのは本当だけども…。)弱い自分を認めたくないのだろう。

もう何もかもが嫌で、消えてしまいたい。
思ったことを伝えられない自分が一番嫌だ。

そうこうしていても仕事だ。また明日からの仕事をやらなきゃならない。もう何もしたくない。なんて言ってもしょうがない。みんなそうやって生きているんだろう。

こうして弱音はいてても仕方ないんだろう。
涙が止まらない。この涙や不安を抑える薬があるなら欲しい。

やらなきゃいけないことはやらなきゃいけない。
最低限を弱音を吐かずにできるだけの力が欲しい。

医者の中で、何故か私は「子ども嫌い」ということになっており、教頭にもそう伝わっていた。いや、好きすぎて厳しく出来ないことが問題であり、好きすぎてこれ以上悪影響を及ぼしたくないから辞めたいのだが。訂正する気力も意味もなし。


2006/06/18 Sun 14:01:03

何やってるんだろうなぁ

何もやる気がしないので横になっていると寝ていた。
昨日から14時間ぐらい寝ている。

何やってるんだ。


2006/06/20 Tue 20:27:43

無気力とはそういうこと?

土曜から日曜、月曜にかけてひどかった。

日曜午後2時の時点で14時間寝てると書いたが、その後何もするきがせず横になってまた寝てしまった。

夕方6時ごろ一度起きたが、やっぱりやる気がせず(もはや言い訳にしか聞こえないけど)、お風呂だけ入り、8時頃に寝ていつもに日曜どおり午前1時におきて仕事しようと思った。

が、起きてもやる気がせず30分、1時間おきに目覚ましを止めて止めて止めまくってそのたびに新しくかけて、結局、ぴっと目が覚めたのが午前5時前。

そこから猛スピードで仕事し(1時間半ほど)、ぎりぎり間に合った。

なんでそのパワーを先に出さないの?と呆れる。

その間、何も食べていなかったのでとてもお腹がすいた。


2006/06/20 Tue 20:36:09

虚勢

「虚勢を張らなくていいんだよ」と言われた。
何でそんな状態になるまで黙っているのと。

自分では虚勢を張っているつもりはない。
これが自然体なのだが。

職場で弱い部分を出さなさすぎらしい。
どう出せばいいのか分からない。。

なんだか本当、自分自身の状態がよく分からない…

職場での普通っぷりをみれば、誰が見ても本当に辞めるほど悩んでるのか?と思うようだ。

自分自身ではこれだけマイナスを撒き散らし、家で落ち込み、してる、このまま続けているのは絶対に良くないと思うんだけど…

不安になりこの前彼に確認したが、普段からこんなに文句いいではないはずなんだ。
別の仕事をしていた時の私とあきらかに違う、今はひどい状態。
この状態から抜け出したいだけなのだけど…

やっぱりどっちに転んでも物凄い迷惑をまわりにかけてしまうことに変わりはない。

はーあ。
どうすればいいんだろう。

この日は、同学年の先生に伝えた。そして一人には頭をなでなでされ、一人には「虚勢を・・」の発言をもって叱られた。皆、優しかった。こんなにいい人達に恵まれていたのに。


2006/06/24 Sat 08:18:20

結局

6月いっぱいで退職することが決まった。
それでもまだ他人事のような不思議な感覚。これは薬のせいなのだろうか。

自分が望んでのことなのに、別れはやはり寂しい。
もうあと1週間で会えなくなるのか…

今月の始め頃にもらったメモみたいな手紙がある。
「いつもありがとう」「これからもよろしく」等と書いてある。

「明日からも楽しい一日でいようね」「だいすき」

期待を裏切ることになってしまってごめんなさい。

メールを下さった方、どうもありがとうございます。
返信できなくて申し訳ございません。
ありがたく読ませていただきました。

女の子はお手紙やプレゼントをよくくれた。全員とは思わないけども、愛されてたのに、どうしてそれを糧にできなかったんだろう。


2006/06/25 Sun 23:59:34

仕事の休日

引継ぎの資料等を用意している。

本当に辞めるのだな。
実感がわくにつれ、不安が大きくなる。

「3ヶ月で辞める」「うつ状態が原因で辞める」

また面接での言い訳が増える。

でもどんなに転職活動で苦労しても、辞めることに後悔はない。
それだけは言えるが、不安なものは不安だ。

それよりこれからの1週間のことに集中しよう。

理由が理由だけに、職場ではいろいろと配慮していただいている。

明日いろんなところに知らせる。どんな反応が返ってくるか…

家の電話が鳴るのが一番怖い。
職場ならまだしも、ストレートに家にかかってくるのが。

仕事上仕方がなかったのだが、電話番号は簡単に公開するものじゃないな。


2006/06/28 Wed 21:06:35

土曜日から

すごい勢いで仕事してる。
なんや、できるんやん。最初からやれよ。
(寝たきりの日々はいずこへ…)

彼に「6月はこれまで、うずくまってたり、ぼーっとしてるとこしか見なかったのに、すごい勢いだね」と驚かれた。

たしかに6月今まで、なんか記憶がない。

最後のひと踏ん張りと思って今晩もやるぞー。


2006/07/01 Sat 22:22:03

ありがとう

この3ヶ月間、とても長く感じた。

今週末にかけて睡眠時間を削って最後のひと踏ん張り。
夏バテも重なってフラフラになってしまった。
貧血を起こして立っていられなくなったりもした。

今日も5時に起き、最後の出勤。あ、昨日付けで退職だから出勤ではないか。
片付けと引継ぎを終えてきた。

長かった…

「優しい」って何なのだろう。
あれだけ怒ってばかりだったのに、手紙や皆の言葉によると私は「優しい」らしい。長所でもあり短所でもある。
人間、時には厳しさも必要。なのに足りない。出してるつもりがちっとも出てない。

その甘さをつかれる。そこから崩れてくる。(崩壊していたわけではないが。)
分かっているんだけど直せない。
もういい、そのままで、私がそのままでやれる仕事を探す。
もう無理に怒らなくてもいいんだ。

やっぱりお別れは寂しすぎて泣いてしまった。

あるお手紙に書いてあった。
「いままでいろんなプレゼントで、私が○○のことすきだって、つたわっていましたか?どうしてやめちゃうの?わたしはかなしくていえでないてしまいました。」
気持ちは充分伝わっていましたよ。ありがとう。
そういうお手紙をたくさんもらった。これは私の中での自慢だ。

好きでいてくれる人がいて(もちろん全員ではないことは分かっているし、全員に好かれようとも思わない)、それなのにどうしてだめなんだろう。どうしてそれを糧にできないんだろ。続けられないんだろう。

私が知りたい。
でもどうしょうもないことは、どうしようもない。
自身の不安定さで、悪い影響を与えたくない。

いろいろ思い出をありがとう。何も出来なくてごめんね。
急にやめることになってごめんなさい。
今まで本当にありがとう。


2006/07/03 Mon 00:01:29

立ったら二度と倒れないから

辞めたら、止まっていた時間が動き出した感じ。

冷凍庫を開けると、ものがあまりにもいっぱい入っていて、いかに自分が料理をしていなかったかを思い知らされた。

だけども辞めたからといって、調子悪かったのが急激によくなるわけではなく、まだネガティブ思考で落ち込みがちだ。

これまでの転職活動の時って、いつも大きな目標があったり、将来の希望に満ち溢れていたのだけど、今はなんだかどこへ向かっていけばいいのかが見えない、そんな感覚。

今自分が何をしたいのか、自分が何が好きかがはっきりいって分からない。
この3ヶ月には好きだった番組も見なくなったし、本も読まなくなった。
物事全般的に興味がなくなってしまっていた。
毎日がいっぱいいっぱいだったので、スキンケアだったりおしゃれだったり、そういうのにも全く興味が向かなかった。今もとくに欲しいものがない。

だけど生活を考えると、ゆっくり回復を待っている暇はないんだ。
無理に焦って決めてもしょうがないけども、探す努力はすぐに始めたい。
できることをしてなるべく止まらないようにしたい。
できることをして自信を取り戻すことが私には必要。

ぼーっとしていると、これまでのことを考え込んじゃってどうも暗くなってしまう。

鬱状態がひどいときには、正直「死」も考えた。

もう私は一度死んだ、そういうことにしよう。

死んだつもりになって、もう1回、ゼロからやりなおそう…

この翌日、次の仕事が決まり、翌々日から出勤。

スポンサーリンク