自己紹介

奥谷せり、女。
1976年生まれ、現在41歳。
以下、職歴。

 

大学生時代。
初バイト、家庭教師。
その傍ら、試食販売員やサンプル配り等、短期でいろいろやる。

 

初就職、22歳。
小学校教員。お給料はそこそこ良かったが体調を崩す。
実家暮らしで節約概念もなく、適当にお金を使っていた。

 

転職、25歳
学習塾事務員。お給料ががくんと下がる。
ひとり暮らしを開始し、自活するには、意外にお金がかかるとやっと分かる。

26歳で節約に目覚める。
仕事しながら公務員を目指すが面接で落ちまくる。

28歳、公務員試験の勉強を辞めて時間ができたのでこのサイトを作成。
35までに1000万貯めようと決めた。

 

2度目の転職、29歳。
勤めている会社の経営が思わしくなかった。
講師への給与未払等ザラにあったみたい。

一生続けられるような仕事を目指し退職。
工場・スーパー・福祉施設・地図の会社等、様々なバイトを経験し、採用試験に受かったので教員に復帰を決める。

 

3度目の転職、30歳。
安定した仕事に就き、そのままいけば1000万貯められる計算だったが、精神的に無理をしたらしく、鬱状態に陥る。

お金の為に死ぬ(もしくは死んだように生きる)なら、貧乏でも生きた方がいい、まだそう考えられる余地があったので、病気を理由に3ヶ月で退職。
退職して4日目に転職先が決定。

パチンコ屋の事務員に。さあ、安月給に戻った。どうしよう。

 

トリプルワーク、31歳。
事務の仕事がほぼ定時あがりなので、バイト開始。
調子にのって、早朝スーパーと夜ラブホとでトリプルワーク。
ワーキングプアに分類されるらしい。取材を受けた。
→「ワーキングプア いくら働いても報われない時代が来る
いくら働いても報われないって(笑)。
私は報われる気満々なんだけど。

 

母とのお別れ、31歳半ば。
トリプルワークにも慣れ、このペースだと1000万貯められる計算だった。
が、思いもよらず母の癌が判明。余命半年と言われる。
仕事を全部辞め実家に帰ることに。
その前に入籍。
実家で半年間、ヘルパー2級を取得したり、試験監督のバイトをしたりしながら母と過ごす。

 

4度目の転職、32歳。
母とお別れし、自宅へ戻った。
未経験分野の事務員に。
数年経ったけども、なかなか思うように仕事はこなせていない。

 

スポンサーリンク