あるだけマシ弁当

2005年11月~2006年3月末まで、期間限定お弁当生活。

これだけ連続で自分の作ったお弁当を持っていく機会は、これまでの人生になかった。作るのをサボって買おうにもコンビニは出勤の通り道にないし、余計なお金はかかるし、やっぱり意地でも持参したい。

しかし夜は午前0時過ぎまで仕事(※当時)なので、朝はギリギリまで寝ていたい。
お弁当作りにかける時間は最小限に抑えたいところ。

そこで、お弁当は「あるだけマシ」な内容でいいやと考えることにした。

食べるのは自分。栄養の偏りが出たら、夕食で調整すればいい。
夕食を作るのも自分だもの。

決して誇れる内容ではありませんし、真似はしないほうがよいと思われます。
「あるだけマシ弁当」、とくとご覧下さい。

 

<version1-パスタ弁当>

arudake1
たらこスパ・りんご・パイナップル

コンビニで買えば、パスタも高いのである。
バリエーションとして、カルボナーラやその他市販ソースのパスタにすることもあり。

 

<version2-チャーハン弁当>

arudake2
ミックスベジタブル入りバターチャーハン・りんご

ごはんも炒めりゃそれだけでお弁当。
バリエーションとして、市販のドライカレーの素で炒めたり、普通のねぎ醤油チャーハンにしたり。

 

<version3-焼きうどん弁当>

arudake3
焼きうどん・りんご

ソースの冷めた味がすごく好きだったりする。
バリエーションとして焼きそばの場合もあり。

 

<version4-カレー弁当>

arudake4
ピーマンとにらのドライカレー・かぼちゃサラダ・りんご

前日の夕飯がこのドライカレーの時は、翌朝が楽♪
バリエーションとして「カレーライス弁当」を持っていったこともある。
ルーとごはんを別々に持って行き、会社で温めて食べるのだ。周りに迷惑!?

 

<version5-残り物弁当>

arudake5
ごはん・焼き鮭・おからサラダ・ハム巻きグリーンアスパラ・冷凍のミニハンバーグ・みかん

お弁当らしい~(自己満足)。

arudake6
ふりかけごはん・ひじきの煮物・かぼちゃサラダ・ほうれん草おひたし(ホイルでくるまれて見えないけど)・りんご

ひじき大好き!休みの日に作り置きしている。

 

arudake7
ふりかけごはん・ゆで卵とレタスのサラダ・ひじきの煮物・りんご・緑のブツは笹団子・・

あいたスペースにちょうどはまったので、笹団子。
中・高生時代、受験の日のお弁当には必ず大好物の団子やチーズケーキが入っていたなぁ。しみじみ。

 

<version6-パン弁当>

arudake8
パン・ほうれん草のおひたし・おからサラダ・りんご

パンを頂いたのだけど、それだけじゃ味気ないので作り置きのおひたしとおからサラダを持参。

 

<version7-カップ麺弁当>

arudake9
カップ麺・ほうれん草のおひたし・りんご

カップ麺は正直恥ずかしいので、2週間に1回までと決めている。
申し訳程度に、果物と野菜も持参。

情けないお弁当だけど、あるだけマシでしょう♪

 

追記:
2015年現在の職場は、上司の気分でお昼が決まる。
食べに連れて行ってくれたり、コンビニ弁当を買ってきたり、何も支給がなかったりする。

私は振り回されるのが嫌なので、基本的にお弁当持参。
お弁当をデスクで食べる(しかも皆とは時間をずらして食べる)ので、落ち着かないのが難点。
なので週に1回は気分転換に外食している。

自分の体調や食べたいものに合わせて、持って行けるから、あるだけマシ弁当、いいです。

スポンサーリンク



冷凍食品の活用(肉団子編)

業務用スーパーで冷凍食品の肉団子を買うことがある。
安い上に調理が楽なのがいいところだが、量が多いのが難点。
違った味付けで楽しみたい。

以下は、肉団子を油で揚げたものにかける「たれ」いろいろ。
だいたい肉団子250gぐらいに対しての分量。

 

<甘酢あん>

dango1

水…大さじ3
ケチャップ…大さじ1
しょうゆ…大さじ1
酢…大さじ1
砂糖…大さじ1

以上を火にかけ、水溶き片栗粉でとろみをつけて完成。つけあわせに玉ねぎ・ピーマンを炒めたものを。画像では肉団子の下に隠れてます。

 

<和風あん>

dango2

めんつゆ…1カップ強ぐらいになるように薄める
しょうがのすりおろし…少々
大根おろし…10㎝ぐらい

以上を火にかけ、水溶き片栗粉でとろみをつけて完成。上に青ねぎを散らす。さっぱりしていて美味しい。

 

<てりやきソース>

dango3

しょうゆ…1/2カップ
砂糖…1/2カップ
水…1カップ
おろししょうが…適量
いりごま…適量
片栗粉…大さじ1と1/2

以上を火にかける。
(なんかやたらと黒いんだけど。)
ハンバーグのソースにもいける。こってり味。

 
スポンサーリンク



冷凍庫のの活用

まとめ買いをすると、肉等の食材保存に冷凍は必須である。
また薬味等、少量ずつしか使わないものも、冷凍しておけば最後まできっちり使える。

私が冷凍するのはネギ・しょうが等の薬味系、肉・魚、食パン等で、基本的に野菜は傷まないうちに食べきるので冷凍しない。

 

<薬味系>

reitou1-konegi

万能ネギは、刻んで空気を入れて冷凍。
凍ったら、袋の上からぱらぱらとほぐしておく。

冷凍食品の刻み万能ネギも売っているけども、自分で刻んだ方が安くつく。
ネギ好きからしたら、冷凍したら風味が台なし!らしいが私は気にしない。

reitou2-negi

長ネギは、斜め切りにして冷凍。
はじめのうちは、部分によってぶつ切り・斜めきりと切り分けていたのに、ズボラなもんで、いつのまにかすべて斜めになっている。凍ったものをみじん切りにして使うこともある。

reitou3-syoga

しょうがは皮をむいて適当な大きさに切り、面倒だけど1個ずつラップにくるんで冷凍。
ラップをせずに冷凍したら霜だらけになってしまったことがある。

reitou4-ninnniku

にんにくは、皮をむいてそのまま冷凍。
買ってきたにんにくがそのまま写ってるけど、これから皮をむくのです。

 

<肉・魚>

reitou5-buta

豚肉は150~200gぐらいの大、50~100gの小に分けてラップに包んで冷凍。

少なめに分けて、料理の分量で200gとなっている時には150gぐらいを200だと思い込み、100gとなっている時は60gぐらいを100だと思い込むのです。(セコイ・・・)

牛肉は滅多に買わないけど、買った時は同じく。
鶏のむね肉、もも肉は1枚ずつラップにくるんで冷凍。
ささみは1本ずつラップにくるんで冷凍。
固まりやスペアリブ、カレー用などはそのまま冷凍。
ひき肉はパックごと200gずつぐらいに切り分けて冷凍しちゃう。

reitou11-kara

昔は、鶏肉をから揚げ用に切って、にんにく・しょうが・しょうゆ・酒・豆板醤で味付けして冷凍することもあった。最近は、揚げものはしないからやってないなぁ。(揚げ焼きはやるけど)

魚は冷凍のホッケやカレイ・ロールイカなどを買ってきたときに、そのまま冷凍庫に放り込んでる。生で買った時には、すぐに調理して使い切るので冷凍しない。

あさりやしじみなどの貝は、基本的にすぐに使い切ってしまうけど、大量に買ったときには、砂抜きしてから冷凍する時もある。

 

<その他>

reitou8-age

油揚げは油抜きして冷凍。いや、面倒なときはそのまま冷凍してるか。
写真は、もとから細かい、刻み油揚げ。
板のまま買ったときは、刻まず冷凍して、凍ったものを刻む方が、さくさくと刻みやすい。お味噌汁や煮物に使う。

ホームベーカリーで食パンを焼いて、冷めたら切って、ジプロック的な袋に入れて冷凍している。ホームベーカリーで焼いたのってすぐにカビが生えてしまうので、すぐに食べきらない場合には冷凍保存がよい。トースターで焼けば、普通に美味しく焼ける。

あと、きのこ類を大量買いしたときにも、石づきをとってほぐして冷凍している。

 
スポンサーリンク