35までに1000万。 トップページへ

掃除ですっきり…実践編−浴室

目次

+ 実践方法

+ 洗面台

+ 台所の流し

+ トイレ

+ 浴室

+ 玄関の下駄箱

+ 冷蔵庫

+ 寝室の棚

+ 押入れの除湿

+ 本棚

+ 洗濯機

+ 換気扇・ガス台

+ 食器棚



浴室

実は、我が住み家の浴室はあまり好きじゃない。

ユニットタイプといえばよいのだろうか、追い炊きできないタイプの浴槽。
何故かこげ茶色で、正方形でめちゃくちゃ狭い。

浴槽をポンッと、とってつけたような感じなので、浴槽の下や裏側と壁の間に隙間があり、カビが生えてしまう。(手も入らないような微妙な隙間!)

せめて洗い場は綺麗に保ちたいところだ。


<基本の掃除方法>

使用するもの 普段 : 目の荒いスポンジ・重曹沸騰水(下記参照)
天井 : ペーパーモップ・雑巾(ボロ布)・古ストッキング
所要時間 1分〜10分
方法
・ シャワーついでに床や壁をスポンジで擦る。
 最後に全体を水で流してから、重曹沸騰水をスプレーし、
 そのまま放置。風通し良くしておく。
 次に入るときに、固まった重曹沸騰水を軽く擦りつつ
 シャワーで流す。

・ 天井を掃除するときには、ペーパーモップの先に、雑巾
 (ボロ布)をつけ、外れないようにストッキングでカバーし
 て拭き掃除。



<恐るべし重曹沸騰水>

私が重曹沸騰水を知ったのは「夢を叶えるシンプルライフ」のnonkaさんのブログである。nonkaさんのサイトは、ナチュラルクリーニングへの移行経過が詳しく書いてあって面白い上に勉強になります♪

さあ、重曹沸騰水を作ってみよう。


重曹沸騰水は沸騰水1リットルに80グラムの重曹を溶かすだけでできるそうな。

重曹はアルミ製品と反応してしまうようなのでホーロー鍋にて。 しゅわしゅわ〜っと溶けていく。




以前、酢水を入れていた霧吹きに入れてみた。
「いざ、使うぞ!」と思ったら、口が固まってるのか、一向にでてこない。

後日、新しい容器を買うことに。




100均で霧吹きを購入したら、首のもげやすい一品で、ストレス!

でも重曹沸騰水の効果はありそう。
床がキュッキュして、汚れが薄くなってきた。
これはストレスなしで重曹沸騰水を使いまくりたいところ。


別の霧吹きを求めて隣の市の100均まで行ったのに、なんと売り切れ!

ペットボトルにつけて使う霧吹きの首が、2つで100円だったので購入。ちなみに、右に写ってるミニ植木鉢は霧吹きに関係ありません^^;





500mlのペットボトルにつけるとこんな感じ。
きちんと中身がミスト状になってでてくるので良かったー。

霧吹きの履歴みたいになってしまったけども、そんなことより、重曹沸騰水の効果はすごい!!

お風呂に入った後にシュッシュしておくだけの手軽さにもかかわらず、漂白効果があるんじゃないの?というぐらい、床が白くなってきた!わーい。使い続けるぞ。

nonkaさん、よい情報をどうもありがとうございます!



<ある日の片付け実践>

物を置くから、汚れがたまる。
ということで、できる限り浴室に置く物を減らそう。

3年間使った、白いプラスチック製のシャンプー置き場はとてもカビが生えやすく、この機会に替える事に。






ステンレス製のラックを購入。800円ぐらい。
シャンプーとリンス、石鹸のみ置くことにした。
(それまでは、お風呂用洗剤とボディソープを置いていた。)

ステンレスは汚れが溜まりにくく、替えて大正解!





洗い場にただ置いてあった、プラスチックのイスを使わないので処分。すっきりした。

左に立てかけてあるのはすのこで、普段は寝ている。ただ今乾燥中。



浴槽にほとんどつからないので、洗面器も手桶タイプ(100円)に替えた。ぶら下げて保存できるので。

体洗い用のスポンジと、下の方に浴室掃除用スポンジ。写真ではくっついてみえるけども、少し離れている。いろいろぶら下げすぎ??

じゃーん。これが正方形の浴槽。
ひとりで、体操座りでしか入れない〜。

汚れが見えにくすぎるので、もうちょっと明るい色がよかったな。






前(トイレ)へ / 次(玄関の下駄箱)へ


35までに1000万。 トップページへ